OCTOBER SKY
遠い空の向こうに                     
c0072970_20235712.jpg
 
5回連続で「宇宙」をテーマにしてきましたが、連続は今回6回目で終了となります。
前回、「夢」「希望」そして「愛」のある映画が好き。 と最後に書きましたが、「宇宙」関連でSFではなく、観た後さわやかな感動を穏やかに感じることのできる映画がこの「遠い空の向こうに(OCTOBER SKY)」です。 

この映画はNASAのエンジニア(1981~1998)になった作家でもある、
Homer Hickam
の少年時代の回想録”Rocket Boys: A Memoir"を映画化したものです。

October Skyという映画の題名ですが、1957年ソ連(ロシア)のスプートニク1号が人類初の人工衛星になったのが10月4日というところからつけられています。
しかし、邦題を「10月の空」ではなく、「遠い空の向こうに」としたのは良い案
だと思います。
c0072970_21105030.jpg

さて、ストーリーは炭坑のある田舎町に住む少年(ホーマー・ヒッカム)がスプートニクに影響を受け、自作のロケットを友達を始め、まわりの人達の協力を得て、失敗を繰り返しながらも打ち上げようとチャレンジするといった内容です。 が、単にそれだけに終わらず、当時のアメリカの炭坑のようすや、父と子の関係、友情、恋なども上手く描かれている点がこの映画の良いところです。 オススメの佳作です。

この映画のプレビューについては、こちらがすばらしく詳しいのでこちらでどうぞ → click!
「ぼくはロケットのそうじゅうしになりたい。 わけは宇宙のいろいろなことがわかるから」。

「夢のような話が実現できてうれしい。遊び心の食事です。」

上は今、宇宙にいる野口聡一(のぐっちゃん)が小学校1年生の時に書いた将来の夢、そして下はインスタント・ラーメンを発明した、日清の創業者である95歳になる安藤百福が今回の宇宙ラーメンについて語った言葉です。

この2人と先のヒッカムに共通するものは、夢を持ち、あきらめないで努力を続ける情熱なんですね。   というわけで、明日からの仕事がんばろうという気になってきました。
[PR]
by pomology | 2005-07-31 21:47 | 映画

ブログは永らく休止中ですが、今年2009年 Mr.childrenについてはホールツアー1回、ドームツアー2回行って来ました。
by pomology
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
東京ドームホテル
from 東京ドームホテル情報ですよ
あのピアノの名曲を着うたに
from 『音楽神殿』-au公式着うた
ハナレグミ
from ハナレグミ
全く新しいクラシック着う..
from 『音楽神殿』-au公式着うた
日テレ・炭谷宗佑アナ、盗..
from イチロー語録/イチローに学ぼう
音楽の新しいネットワーク
from au公式クラシック着うた『音..
ニルヴァーナ トリビュート
from CD レンタル Check
星降る夜に
from ミュージックの紹介ページ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧