カテゴリ:邦楽( 79 )
タワレコ、ポイント2倍の誘惑再び...
YOSHII LOVINSN/MOONRIDERS
c0072970_22482270.jpg
先日仕事帰り、TOWER RECORDSへ。 案の定、試聴だけで終わることなく、「今ならポイント2倍、ポイント2倍・・・」という理由を無理矢理自分で呪文のように唱えながら、前回買わなかった「STILL ALIVEYOSHII LOVINSON TOUR 2005 AT the WHITE ROOMと昨年末にDVD化されたMOONRIDERSの「月面讃画ムーンライダーズ・月面サマーツアー1998」を購入しました。 

LOVINSONのDVDは、今年行けなかった初のソロライブツアーを完全DVD化した2枚にVIDEO CLIP集1枚、さらにフォト・プックレットなどが付いた完全初回限定盤です。 いまだに、チケットを入手できていない(今、2次プレオーダー申し込み中)吉井和哉のライブに行けるようになるまで、これとTHE YELLOW MONKEY のVIDEO CLIP集を見て楽しむことにします。 吉井和哉としてのニューシングル「BEAUTIFUL」は新年1/25発売されます!

一方、MOONRIDERSのDVDについては12/23に発売の今年のライブを凝縮した「MOONRIDERS2005」を待ちきれず、まだ持っていなかったDVDを購入。 これは、大好きなアルバム「月面讃歌」をひっさげてのツアーのものなのでファンとしてはとても嬉しい一枚なのです。 12/7には、1976年のライブをCD化した「ムーンライト・リサイタル1976」もリリースされます! 年末のライブが東京のみなのでとても残念です。

いつものようにTAKE FREE! のタワレコ音楽情報誌「bounce」(今回は12月号)を頂いて来ました。 この内容で無料というのはとてもありがたいことです。
[PR]
by pomology | 2005-12-03 23:34 | 邦楽
3ピースバンドの可能性を切り開く
MTV FirstListen: ACIDMAN “and world”
c0072970_20523373.jpg
いよいよ12/7にリリースされるACIDMANのニューアルバム「and world」。
その発売に先駆けて、11/24~12/7までの期間限定でMTVJAPAN.comにて全曲試聴できます。 各曲20秒~40秒程度ですが、雰囲気は楽しめます。
→ click!

さて、初回生産限定盤は通常盤より¥300高いですがデジパック仕様でアート・ディレクター「FJD」による1曲ごとのイメージを描いたイラストを豪華に配したアートブックが付いています。 ジャケットデザインだけでなくブックレットもアートブックにするなど、音楽以外の芸術をデザイナーとのコラボレーションによって追求する姿勢はミスチル同様評価できます。 また、2006/1.25に4th DVD 「scene of "and world"」も発売されます。 前作もよかっただけに、こちらも期待しています。
Virgin Music Co.でACIDMANのand worldからシングルになった4曲のPVを時間にして短いですが見ることができます。(映像クリエイター西郡 勲とのコラボ作品「SOL」を含む)
→ click!
 
アシファン必見! ACIDMAN大木伸夫(Vo,g)と映像クリエイター西郡 勲のスペシャル対談はこちら → click!
[PR]
by pomology | 2005-11-28 20:53 | 邦楽
邦楽ミニ情報
BUMP OF CHICKEN・矢野顕子・ASIAN KUNG-FU GENERATION
BUMP OF CHICKEN 新作を語る
c0072970_20384418.jpg
11/23に4ヶ月ぶりのニューシングル「supernova/カルマ」(隠しトラック「ワッショイ」)をリリースしたBUMP OF CHICKENですが、音楽情報サイトBARKSのアーティスト特集では、4人が新作を語るロング・インタビューやsupernovaのPV、そして彼らのメッセージを見ることが出来ます。
新曲を聴くだけでなくロングインタビューを見て曲にまつわる話を聞けば、新曲がまた違った印象で聴けることでしょう。 ファン必見!
BARKSのBUMP特集はこちら → click!

矢野顕子、くるりの岸田繁とのコラボレーションシングル
                iTunes Music Storeにて限定先行リリース

c0072970_21414479.jpg
くるりのMAXI「Baby I Love You」のカップリング曲「The Veranda」でピアノ演奏参加している矢野顕子ですが、昨年から続いている岸田繁とのコラボレーション新曲「PRESTO」が2006年2/1発売予定に2ヶ月以上も先駆け、昨日11/23からiTunes Music Storeで先行発売されています。 さっそく購入(¥150)しましたが、ほんわかふんわりとした矢野顕子らしい良い曲です。 「オレンジページnet」とコラボレートした矢野顕子Podcast第2弾「ヤノstyle」も始まっています。 今日11/24から12/10までは「さとがえるコンサート2005」で10公演 、そして12/11から「矢野顕子リサイタル2005」で3公演、12/18にはふるさとの青森での「出前コンサート2005 」など大忙しです。 人を幸せな気分にさせてくれる矢野顕子の歌声とピアノ演奏。 熟年ミュージシャンあなどるべからずです。
 iTunes Music Storeでの「PRESTO」購入はこちら → click!

「MUSIC MAGAZINE TV」にASIAN KUNG-FU GENERATIONが登場
c0072970_22504528.jpg
君の街まで」から、約1年2ヶ月ぶりとなるニューシングル「ブルートレイン」(4曲入り)が11/30に発売されるアジカンですが、Yahoo!ミュージックマガジンとソニーミュージックのコラボレーション番組「MUSIC MAGAZINE TV」 2回目にパワープッシュゲストとして登場します。 日時は明日11/25(金)の21:00~21:45 ON LIVE! ということなのでファンは見逃せません!
「MUSIC MAGAZINE TV」はこちら → click!
[PR]
by pomology | 2005-11-24 22:53 | 邦楽
この冬聴きたい曲(邦楽編)
grapevine・BUMP OF CHICKEN・ACIDMAN
以前、「この秋聴きたい曲」ということでその6まで紹介したのですが、京都へ紅葉を見に行く間もなくあっというまに寒い冬の到来です。 というわけで、今回は冬に聴きたい邦楽を紹介します。
c0072970_228171.jpg
前回grapevineのライブについて書いたので、まずはgrapevineの「ぼくらなら」。
窓の外の空 ただのからの空は 
肩を寄せ合うなら 何色に見えるだろう

演奏は吐息が白くなる寒い冬を感じさせるのに、聞き込めばなぜか心温まるテンポの良い、さびが耳に残る名曲です。 他では、これも名曲「会いにいく」も個人的には冬聴くと良い感じです。 切なさの中に温かさがある大好きな曲です。  この2曲はPVもお薦めです。

2曲目はニューMAXIシングル「supernova / カルマ」発売まであと数日のBUMPの「スノースマイル」です。 ストーリーのあるラブソングですが、結末は悲しい... アコースティックソロで始まり、バンドの演奏が加わり、コーラスでエンディングというあたり、クリスマス・ソングにもなりそうな曲です。 この曲は2種類のPVあります。

さて、最後は12/7にニューアルバム「and world」がリリースされるACIDMAN。 前回3rdアルバム「equal」に入っている「彩‐SAI‐(前編)」と「彩‐SAI‐(後編)」です。 前編はインストルメンタルでミドルテンポから始まるもののアップテンポに変わり、リピートするギターの音色に冷たさが、後編はややスローテンポでボーカルによる温かみが入り、広大なアシの世界が広がります。(昨年のワンマンライブでのこの曲の演奏は最高でした!)

よく考えてみると、今回の3バンドの曲は夏より冬に合う曲が多いかも知れません。 
[PR]
by pomology | 2005-11-21 23:00 | 邦楽
ミニ情報(邦楽編)
ライブ・イベント情報
c0072970_21245553.jpgc0072970_21273245.jpgc0072970_21295087.jpg





Act Against Aids in OSAKA 今年の出演者は?
今年は11月30日に、大阪城ホールで開催されるAAAですが、4組の出演者が決定しました。  まず、毎年出演しているCharBEGIN
そして今年は、 神戸出身期待大のギターインストデュオDEPAPEPE(お薦め!)、そしてドラマ1リットルの涙に曲が使われているレミオロメンです。 Skoop On Somebodyと昨年のオープニング・アクトを飾ったBENNIE Kが今年も登場します。

Apple Store11月のイベントに ACIDMAN 登場!
c0072970_21584882.jpg
先月アコーステッィクなREST SINGLE「季節の灯」、今月はエネルギッシュなACT SINGLE「world symphony」をリリース、そして来月には待望のニューアルバム「and world」がリリースされるACIDMANですが、11/13(日)19:00~(18:00~PV上映会開始)Apple Store心斎橋店2F イベントスペースにて関西ぴあ、SUN-TV「ROQ Hits」公開取材(トークショー)が行われます。 もちろん、無料。 
来場者多数の場合は入場できない場合もあるのでファンの人は少し早めに行きましょう。 

さて、待望のワンマンツアーACIDMAN LIVE TOUR "and world"が決定しました!! スケジュールは以下の通りです。

2006年 
3/04   東京・SHIBUYA-AX
3/11   札幌・Zepp Sapporo
3/18   福岡・Zepp Fukuoka
3/25   大阪・Zepp Osaka
3/26   名古屋・Zepp Nagoya
4/01   仙台・Zepp Sendai
4/08   東京・Zepp Tokyo

一般発売は、1/14(土)ですが、HP先行予約があります。 詳しくは彼らのHPへ! 昨年のワンマンライブもすばらしかっただけに期待できます。
[PR]
by pomology | 2005-11-08 22:19 | 邦楽
NO MUSIC, NO KANSAI
「茶屋町」と「タワレコ」と「かしまし娘」
c0072970_2024581.jpg
大阪キタに、西日本最大級のタワーレコード梅田NU茶屋町店が、10月20日(木)にオープンしました。 キタのタワレコと言えば、梅田大阪マルビル店でしたが(ミナミは、心斎橋店と難波店があります。)、1つ増えたわけです。 オープニングイベントのUAと矢井田瞳のトーク&ミニライブに応募していたものの外れました。

さて、大阪のメジャータウン誌といえば歴史的には、廃刊(かなり昔)になった「プガジャ」(プレイガイドジャーナル)に始まり、「Lマガジン」がそれに続くのでしょうか?(今や別のいくつかの雑誌が幅をきかしていますが...)  そのLマガジン12月号の特集が、50頁にもおよぶコテコテの「まいど!タワレコ」 エルマガ×タワレコの「関西の音」案内です。 その中でもユニークなのは、関西所縁のミュージシャン(芸人?)達のインタビューです。 

たとえば、
EGO-WRAPPIN' → トウヤマタケオ、サンボマスター → 赤犬、キダ・タロー×チチ松村(ゴンチチの1人)など、なかなかディープです。 が、やはりメインは上の写真の4人です。 誰かわかりますか? そうです! UA と かしまし娘です!!  「大阪のこと、音楽のこと、しゃべりつくしました 4人の茶屋町談義」 これを読みたいがために購入してしまいました。(この内容で税込み¥390はお得かも?)  

①♪心斎ばっしの○○○
②♪京橋はエーとっこだっせ、○○○・○○○○がおまっせ! 
③♪と~れ、とれ、ぴ~ち、ぴち、○○料理~(by キダ・タロー)
④♪○○○のある時ぃ~ ない時ぃ~
⑤♪関西電気○ー○○きょーかい     

大阪の人間なら○に何が入るかわかりますよね。(ちなみに、③と⑤はケツメイシのライブでMCにも出てきました。)
c0072970_2155427.jpg
でも、かしまし娘はたぶん全国区だったし、北海道から沖縄の人まで知っている人は多いかな?

♪うちら陽気な かしまし娘~  誰が言ったか知らないが
  女3人寄ったら かしましいとは 愉快だね
  Very Good-Good! Very Good-Good!
  お笑い、おしゃべり、ミュージック
  明るく歌って Night And Day ピーチク パーチク かしましい♪  

長女の歌江ねーさんは三味線、次女照江と三女花江はギター(1台はエレキ?)ってお笑い芸人ながら当時としては画期的なミュージシャンだったのかもしれません。

タワレコの「NO MUSIC, NO LIFE」のポスター。 今回はエルマガと共同企画、上のLmagazin の表紙とよく似た写真です。 是非タワレコードでご覧あれ。

大阪のサブカルチャーに興味がある人はこちら → click!

大阪の食文化に興味がある人はこちら(お薦めサイト!) → click!

大阪観光案内はこちら → click!
[PR]
by pomology | 2005-10-30 22:00 | 邦楽
この秋聴きたい曲(その3)
セツナイ クダラナイ ムサボル ソノ テ
c0072970_20514741.jpg
ライフ・ログでも紹介している、大阪出身の森雅樹と中納良恵の男女2人組ユニットEGO-WRAPPIN'による、ミニアルバム「His choice of shoes is ill!」のオープニング曲です。 個人的には、彼らの作品の中ではこの頃の曲がツボにはまります。 秋の夜長に、よっちゃんがゆったりと歌う甘くて切なく、そして優しい曲を聴いていると本当に心地よいです。 
この曲に続くまったりとした「アカイ ヌクモリ」、4曲目のアコギをバックに歌われる切なくも甘い「アマイ カゲ」(着うたにしてます!) そして年末恒例のlive「Midnight Dejavu」で、アンコールに2年続けてピアノを引きながら歌ってくれたラスト曲の胸にジーンとくるバラード曲「バード(byrd)」、ハーモニカの音も効果的に使われています。 この時代の彼らの枯れた曲は、本当にこの季節にぴったりです。 このアルバムに続く、やはりミニアルバム「SWING FOR JOY」もオススメです。 このアルバムに入っている、この夏のRUSH BALLで聴いた「a love song」は夏の夕暮れ空の美しさと共に感涙ものでした。 ライブパフォーマンスもすごく良いので、ライブもお薦めです。

さて今年のlive「Midnight Dejavu」は...
いつものように
12/21(水)23(祝)24(土) 東京キネマ倶楽部
12/26(月)          大阪市中央公会堂(中之島)でおこなわれます。
詳しくは、こちらへ → click!
大正モダンな大阪市中央公会堂で、エゴ・ラッピン。 雰囲気がぴったり合うんですよね。 この時期、中之島のイルミネーションも美しいです。
[PR]
by pomology | 2005-10-27 20:53 | 邦楽
この秋聴きたい曲(その2)
幸せの洪水の前で
c0072970_21472134.jpg
「日本のロックバンドの中で一番好きなバンドは?」と訊ねられたら、迷うことなくこのバンドの名前を挙げることでしょう。 それは...ズバリ「Moonriders」です。

あの「はっぴいえんど」と並ぶ日本語ロックの先駆者「はちみつぱい」(アルバムを1枚だけリリース)が解散したのが1974年。 翌年の1975年に鈴木慶一を中心に元のメンバーで「ムーンライダーズ」を結成、今年で29年目になります。 1stアルバムの「火の玉ボーイ」(矢野顕子、南佳孝やティンパンアレイも参加)は、日本ロック史に残る名盤です。 その後も、時には実験的な、時には時代の最先端を行くすばらしい音楽をファンに届けてくれました。  大ブレイクをするバンドではなかったですが、いわゆるMusician's Musician、ミュージシャン好みのミュージシャンです。 

最近では、今年の5月に心斎橋CLUB QUATTROでのPostwar Babies Tour 2005に行ってきましたが、新旧織り交ぜたセットリストで、メンバーの年齢を感じさせないエネルギー溢れるライブでした。

さて、前置きが非常に長くなりましたが名曲の多い中で、秋の夜長に繰り返し聴いている曲が、
幸せの洪水の前で」です。 この曲はシングルカットされておらず、アルバム「A.O.R.」(評価の分かれるアルバムですが)の1曲目に入っている大人のバラードです。

      昨日よりも 少しだけ 今日は愛してる そうつぶやいた
      幸せの洪水 目の前にして 君と僕の未来は もう水の中沈んでく

秋の夜長にしっとりと良い曲です。

年末のライブが、12月30日(金)SHIBUYA-AXで行われます。
[PR]
by pomology | 2005-10-26 21:56 | 邦楽
吉井和哉、再び
吉井和哉 TOUR 2006 ~MY FOOLISH HEART~
c0072970_1651876.jpg
ソロとして1stアルバム「at the BLACK HOLE」、2ndアルバム「WHITE ROOM」という、black & white という対になるアルバム発表後、今年 THE TOUR 2005 at WHITE ROOM を行ったYOSHII LOVINSON ですが、早くも来年1~2月に今度は吉井和哉として全国7都市、計16回のライブパフォーマンスが予定されています。 関西公演は、1/31(火)、2/1(水)がZepp OSAKA、そして今のところツアー千秋楽の2/28(火)の大阪城ホールです。 前回ファンクラブに入っていないため先行も買えず、一般発売でも一瞬にして売り切れ(おそらく数秒の差でした)! 今回は、大阪城ホールあたり販売枚数が多いので取れそうです。(ただし、平日というのが突然仕事の関係で行けなかったりするのですが...)

今回、吉井和哉としてのライブなので、ひょっとするとYELLOW MONKY時代の曲も聴けるかもしれません! 一番聴きたい曲は? ずばり、「球根」です。(暗い?) それでは、「夜明けのスキャット」(笑、もっと暗い?)ということで... 実はアルバム「」が好きなので、その中から何曲かやって欲しいです。

11/23にライブDVD「STILL ALIVE ~YOSHII LOVINSON TOUR 2005 AT the WHITE ROOM~」がリリースされます。 初回限定版は通常版より¥2000高いものの、全シングルVIDEO CLIP+αを収録したスペシャルDVD が1枚多く、TOUR STAFF PASS封入と初回限定盤ブックレットも付くので、やはり初回限定盤が買いかも?
収録曲については、こちらを → click!
  
[PR]
by pomology | 2005-10-23 16:30 | 邦楽
run rabbit run
BUMP OF CHICKEN 2006 TOUR
c0072970_17345483.jpg
12/15(木)ナムコから発売されるRPG「テイルズ オブ ジ アビス」のCMで、新曲「カルマ」が使われているのを聴きましたが、12/23(木)に BUMP OF CHICKENの両A面シングル「supernova/カルマ」がリリースされます。 「supernova」の方は、10/25(火)TOKYO FMの「SCHOOL OF LOCK!」内BUMP LOCKS!で初OAされる予定です。 くるり(ワールズ・エンド・スーパーノヴァ)、ACIDMAN(「廻る、巡る、その核へ」の歌詞、過去のツアーTシャツのロゴなど) に続きsupernovaですか... BUMPの場合は、天体観測・プラネタリウム・supernova(超新星)と言うわけですね。 プラネタリウムのようにクリスタルな感じの曲かもしれませんね。

さて、この夏 RUSH BALLプラネタリウムを聴かせてくれた彼らですが、ひさしぶりのワンマンライブツアーが決定しました。 1/13(金)ZEPP SAPPOROを皮切りに、2/15(水)名古屋レインボーホールまでの8カ所13本です。 今回、関西は2/7(火)、2/8(水)大阪城ホールということで、大きい箱でのライブになります。 大阪公演の一般発売は12/4(日)です。
[PR]
by pomology | 2005-10-22 17:35 | 邦楽
  

ブログは永らく休止中ですが、今年2009年 Mr.childrenについてはホールツアー1回、ドームツアー2回行って来ました。
by pomology
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のトラックバック
東京ドームホテル
from 東京ドームホテル情報ですよ
あのピアノの名曲を着うたに
from 『音楽神殿』-au公式着うた
ハナレグミ
from ハナレグミ
全く新しいクラシック着う..
from 『音楽神殿』-au公式着うた
日テレ・炭谷宗佑アナ、盗..
from イチロー語録/イチローに学ぼう
音楽の新しいネットワーク
from au公式クラシック着うた『音..
ニルヴァーナ トリビュート
from CD レンタル Check
星降る夜に
from ミュージックの紹介ページ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧