カテゴリ:邦楽( 79 )
grandline by plane
グランドライン
c0072970_1220229.jpg
2ndミニアルバム「seat22」でメジャーデビューした、大阪出身の4人組「plane」のメジャー1stシングル「grandline」がFM802で10月のヘビーローテーションになっています。
さわやかで、時に激しく、時にせつなく、メロディーも歌詞も良く、そのライブパフォーマンスも定評があります。 seat22のジャケットデザインはシンプルながら、ジャケットに貼られているボーディング・パスのシールがすごくしゃれていましたが、今回はカラフルで楽しさ溢れる美しいデザインです。 曲も良いですが、ジャケットもgood! これからブレイクしそうなバンドの1つです。

TOY'S FACTORY で、グランドライン(c/w left)試聴できます! → click!

MINAMI WHEEL3日目の10/23(日)にshinsaibashi FANJにて20:00~登場! 

12/3(土)に福島にあるLIVE SQUARE 2nd LINE(キャパ250名)でワンマンライブREGISTRATION NO.251203があります。(チケット発売中!)
[PR]
by pomology | 2005-10-22 12:37 | 邦楽
Act Against AIDS 2005
AAA LIVE IN OSAKA 今年は11月30日に開催
c0072970_1121997.gif
毎年、12月に行われていたFM802主催チャリティーライブ、Act Against AIDSですが、今年は会場はいつもの大阪城ホールで、11月30日(水)に行われます。 AAAは日本の音楽業界が力をあわせ、TVゲーム業界とも協力して、エイズに関する啓発活動を行う自発的な集まりで、その活動の1つとしてのチャリティーライブ(今年で13回目)が毎年12月1日の世界エイズ・デーの頃に、東京・大阪・名古屋で行われています。(例年横浜で桑田佳祐もライブを行っていましたが、今年はサザンがドーム・ツアー中の為無いようです。)

大阪の出演者は未定ですが、特に大阪でのライブは例年けっこう豪華メンバーが出演してのチケット代金¥3,500は、かなりお得です。(一昨年は、特に豪華でした!)

来週10月29日(土)に、チケット一般発売されます。
[PR]
by pomology | 2005-10-22 11:41 | 邦楽
Take Me Out To Live in Concert
私をライブに連れてって
c0072970_229548.jpg
映画やグルメ、語学などをテーマにブログを書きたいと思うものの、大好きな音楽を中心にしたこのブログでさえなかなか更新できないでいます。
3連休初日は、冷たい雨が降る中で終日試合。 2日目も、秋晴れながら汗ばむくらいの暑さの中で終日試合。 3日目は、疲れがドッと出て家でぐったり。 3日目に外で遊び回っていた頃の若さが懐かしい今日この頃です。

チケットを買っていたのに行けなかったSalyuのライブですが、すごく良かったようですね。 『呼吸』からは「飛べない翼」と「グライド」の2曲を披露したらしいです。 この曲を聴きながら車窓から景色を眺めていると、風景の色が変わるような気がするのです。 不思議です。 映画「リリイ・シュシュのすべて」のシーンを思い出してしまうこともあります。 新曲は2曲とも聴けたそうですし、アンコールの最後の曲はやはり「to U」だったそうな。 あの特別なSalyuの音空間に身を置けた人はおそらく幸せ一杯になったのではないでしょうか? 以前このブログで紹介したようにCDでは体験できない、圧倒的な存在感。 小林武史がSalyuに力を注いでいるのが良くわかります。

来月は、2本(「SPITZ」と「Mr.children」)。 そして、12月は3本(「サザン」「the Back Horn」「Mae」)という予定です。 「サザン」は、アリーナ席を先行でようやくゲット! 最近、うまくチケットが手に入っています。(表題の願いは、どうやら叶っているようです。) 12月は、あと2本くらい毎年参加しているライブがあるので合計5本になるかもしれません。 今年は、ライブに費用をかけている分、楽器、楽譜そしてCDの購入を極力控えています。

あと、日本シリーズの3戦~5戦(甲子園球場)のチケットも先行抽選やプレリザーブに申し込んでいるのですが、こちらの方は恐らく超プレミアチケットなので難しいかもしれません。
Take Me Out To The Ball Game」(私を球場へ連れってって)を口ずさみながら結果発表を待っています。 
 
[PR]
by pomology | 2005-10-11 22:17 | 邦楽
ミニ情報(邦楽編)
CD・DVD・ライブ情報
c0072970_2254930.jpg
SalyuのNewMaxSingle「風に乗る船」、10月26日に発売
明日はSalyuのツアーライブに行くつもりで、CD封入の先行予約チケットを早々に入手していたのですが、以前からずっとかかわっているスポーツの試合が天候に関係なく一日中あり、そちらの方に参加しなければいけないためライブには行けなくなりました。 Salyuの歌声と小林武史のキーボードを楽しみにしていたのですが・・・(涙) 
そのSalyuですが、札幌公演ツアー後の打ち上げで左足首くるぶしの部分を骨折、ギブスがとれるまで約4週間を要するとの診断結果で、歩行には松葉杖が必要な状態になりました。 しかし、ツアーの方は予定通り行われるそうです。 大きな怪我でなくてよかったですね。 明日、参加する皆さん楽しんできて下さい。

「風に乗る船」のPV、試聴できます。 → click!

aiko のニューシングル「スター」、11月30日に発売
花王「フローラル ハミング1/3」のCMでaikoの歌声(この曲のリリース予定は無いらしいです)を突然聞いて驚いたのですが、12月10日全国公開の映画で人気絵本がアニメ化された「あらしのよるに」の主題歌「スター」が来月末にリリースされます。 ミドルテンポの壮大なラブバラードということなので楽しみです。

スキマスイッチ初のミュージックビデオ集[DVD]発売決定!!
現在ツアー中のスキマスイッチですが、ファン待望のMusic Video集が11月23日に発売されます。 今回、Makingも含まれています。 初回盤のみ、付録として10分長いようです。
また、2006年2月と3月のホールツアーも仮ですが発表されました。 → click!
c0072970_2263567.jpg
LOVE PSYCHEDELICO 武道館LIVE DVDいよいよ発売決定!
5月27日日本武道館にて行われたIN CONCERT AT BUDOKANからベストテイクを厳選収録したDVDが、いよいよ12月7日発売されます。 大阪でのライブがとても良かったので、DELICOのこのDVDにも期待しています。

レミオロメン、2ヶ月連続シングルリリース
レミオロメンのシングルですが、10月12日発売の「蒼の世界」、11月16日発売の「粉雪」と2ヶ月連続でリリースされます。 この「粉雪」は10月11日から始まるフジテレビ系ドラマ「1リットルの涙」の挿入歌に決定しています。
また、2006年1月からの全国ホールツアーも決まりました。 → click!
  
[PR]
by pomology | 2005-10-07 22:10 | 邦楽
LAWSON TICKETS
YEN...FREE!
c0072970_20421121.gif

先行予約でゲットしたMr.children DOME TOUR 2005 ”I U”のチケット発券のため、昨日ローソンに行きました。 その時、遅ればせながら「LAWSON TICKETS」10月号を頂いてきました。 今月号は表紙に使用されているミスチルのツアー、そしてサザンのツアー情報が目を引きますが、OORONG-SHAとTOY'S FACTORY編集の20頁におよぶ別冊が何よりも嬉しいです。

この夏ミスチルが参加したサマフェス(4カ所)完全レポートも良かったのですが、とても嬉しいのはミスチルのPVやジャケットデザインを担当している丹下紘希のインタビューが4頁にわたって掲載されていることです。 

チケットの購入は、たいてい「チケットぴあ」を利用しています。 ただ、チケット情報誌はできればローソンチケットのように無料というのがありがたいです。 また、LAWSON TICKET はWEBでも見ることが出来ますし、そちらの先行予約(BB Loppi先行)はサザンがあるので要チェックです。(利用には専用ソフトLOWSON TICKET PLAYERのダウンロードが必用です。)

今回のミスチルのツアーに関しては、ローソンではLEncore先行、でじロー先行(共に有料会員になる必用あり)とLT先行が、JCB会員ならJCB先行もこれからです。

ところで、チケットの座席は大阪ドーム3塁側下段(スタンド席)でした。 オークションで出品されているチケットでもアリーナ席はまだ出ていないので、FC先行はアリーナ席かもしれません。
ローソンで発券してもらっているとき、店内にはタイムリーにも「Worlds end」が流れていました!! ミスチル初の5大ドームツアー、どのようなライブになるか? 11月が来るのが楽しみです。  
[PR]
by pomology | 2005-09-24 21:39 | 邦楽
Salyu & THE BACK HORN ミニ情報
Salyu
c0072970_2256497.jpg

いよいよ来月1日札幌を皮切りに全国5カ所をめぐる、Salyu First Tour「landmark」と、10/26にニューシングル(「風に乗る船」c/w「再生」)のリリースをひかえているSalyu ですが、札幌と九州のFM局のレギュラー担当に引き続き、FM802(大阪)で、10/9(日)より「MUSIC FREAKS」にてJackson Vibeのグローバー、BEAT CRUSADERSのヒダカに替わり、隔週日曜22:00~24:00のレギュラー担当が決定しました!(また、それに先立ち同局の「from A presents FM802 Holiday Special『One Step Forward!』」では、10:00~18:55の間でDJとして出演します。) 関西のSalyu ファンは要チェックです。
c0072970_22465225.jpg

また、年末恒例の幕張メッセでのCOUNTDOWN JAPAN 05/06に出演(12/31の大晦日)が決定しています。

THE BACK HORN
c0072970_22495299.jpg

先月、初のライブCD「産声チェインソー」をリリースしたTHE BACK HORNですが、関東、関西1校ずつ大学祭に出演後、年末に「冬の東名阪ツアー~ディストーション注意報~」が行われます。 チケットの一般発売日は来月ですが、HP先行予約が決定しました!!

受付期間は、9/21(水) 0:00~ 9/25(日) 23:59です。 詳しくはこちら → click!
また、Salyu同様COUNTDOWN JAPAN 05/06に出演(12/29)が決定しています。(ACIDMANも同じ日です。)
[PR]
by pomology | 2005-09-20 22:51 | 邦楽
Mr.children 12th album on sale now !
I U
c0072970_211393.jpg

発売日の前日ですが、仕事帰りに購入! 帰宅後すぐにiTunesでHDにダウンロード、聴きながらのブログ更新です。 先に発表された、「Sign」 そして四次元から「未来」「and I love you」「ランニングハイ」の4曲を含む計13曲入りです。 ミスチルのPVをここ数年いくつか担当しているyellow brain の丹下紘希デザインのジャケット、そして今回は歌詞がデザイン化されています。

すでに知っている4曲もアルバムの流れの中での1曲となると、シングルで聞いていたときとは異なった印象に変わるのが不思議です。

ミスチルの曲は聞き込めば聞き込むほどに味が出てくる、いわゆる「するめタイプ」の曲が多いので、それぞれの曲の感想は時間の経過によって変化します。 また、季節や天気、時間、そのときの精神状態などでも好みの曲が違ってきたりします。

というわけで先の4曲以外では、「僕らの音」と「CANDY」あたりのスローテンポのしっとりとした曲が、本日の気分にあった曲でした。 胸キュンの曲です。

ミスチルの好きなアルバムBEST3が、「]「深海」「シフクノオト」なのですが、今回のアルバムはどうなるでしょう? それには、これからまだ何ヶ月もかかりそうです。

緊張感のある曲の多かった前作「シフクノオト」に比べ、ゆったりリラックス感を感じる今回のI Uというのが初日の感想です。

今回、歌詞が印象に残った1曲は、「隔たり」です。 う~ん、このような感情は男性と女性で、さらには年齢で、そして何よりも個人差があるような気がします。 昨年のツアーでは、「花言葉」の前のMCで過去の恋愛について語っていた(18禁?)桜井和寿ですが(もちろん、後に発売されたDVDには入っておりませんし、奥さんが見に来ている会場では話さないかも?)、今回のツアーでこの歌詞についてのMCがあるかもしれませんね。(笑)

それにしても、やはり「Sign」は名曲ですね。 シングルで発表された4曲は、すべてライブで聞きましたが、残りの曲もやはり生で聴いてみたいです。(ファンクラブに入ってないので、いまだチケットは手に入れていませんが...)

丹下紘希のyellow brainのHP  → click!
(「くるみ」と「and I love you」は残念ながら紹介されていませんが、yellow brainを知らない人は必見です!)
[PR]
by pomology | 2005-09-20 21:06 | 邦楽
サザンのニューアルバム、そのベールを脱ぐ!
キラーストリート
c0072970_19155792.gif

10月5日(水)にリリースされる7年ぶりサザンオールスターズのオリジナルアルバムは、なんと全30曲、2枚組になることが発表されました。
アルバムタイトルは「キラーストリート」。 このタイトルは、サザンオールスターズがデビュー以来ほとんどすべての作品のレコーディングを行ってきたビクター青山スタジオの前を通る「外苑西通り」の通称「キラーストリート(キラー通り)」から名付けられたそうです。

収録曲ですが、
涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~ / 雨上がりにもう一度キスをして/ 彩~Aja~ /
君こそスターだ / 夢に消えたジュリア / 愛と欲望の日々/ LONELY WOMAN /
BOHBO No.5 / 神の島遥か国 などのヒットシングルを含む全30曲。
今年で28年目を迎える、彼らの音楽活動を通じての金字塔的な作品だということです。

桑田佳祐自身による全30曲セルフライナーノーツを中心としたスペシャルブックレットとDVD付きの、リミテッドパッケージが¥4,500(税込)、CDのみのノーマルパッケージが¥4,200(税込)となっています。 

この夏、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005 に登場した彼らですが、この秋6年ぶりとなる全国ツアー SOUTHERN ALL STARS Live Tour 2005 「みんなが好きです!」(5大ドーム含む11箇所全21公演)も10/13(木)広島厚生年金会館をかわきりに予定されています。 関西は、12/10(土)・11(日)大阪ドームでの2公演[10月9日(日)一般発売]です。 

先日発表されたミスチルのニューアルバム詳細と5大ドームツアーも含めて、とても楽しみな今年の秋~冬になりそうです。
[PR]
by pomology | 2005-09-04 19:26 | 邦楽
ケロッグはコバルトブルー?
シリアルとTHE BACK HORN の微妙な関係
c0072970_21102254.jpg

5月から、日本ケロッグのシリアルのCFにTHE BACK HORNの「コバルトブルー」がタイアップソングとして使われていることは知っていましたが、今日初めてTVで見ました。 感想は、「なんでやね~ん?」、ものすごい違和感!
俺達は 風の中で 砕け散り 一つになる

ケロッグフロスティと、いったいどこで結びつくのでしょう?
彼らの歌詞はとても好きなんですが、えらいもん見てしまった! 今日も通勤の行き帰りに2回も「コバルトブルー」を聴いているような状態なんです。 で、今度聴いたら、たぶんケロッグのCFが頭によぎってしまうこと間違いありません! コバルトブルーの風の中でケロッグのシリアルが砕け散るイメージを担当者は持ったのでしょうか? この歌詞のテーマは、シリアルではなく、かなりシリアスなもの(特攻隊員の気持ち)なのですが... たぶん、THE BACK HORN の大ファンがタイアップソングを選んだのかもしれません。 でも、こんなミスマッチはやめてケロッグ!
c0072970_21203724.jpg

さて、先月末に発売されたTHE BACK HORNのライブCD「産声チェインソー」(「ヘッドフォーンチルドレンツアー~産声チェインソー」の7大都市での113テイクの中からメンバー厳選の13曲+ツアー用書き下ろし曲1曲収録)ですが、今なら30日期間限定でなんと¥1800とお買い得です。(今月22日には、通常版¥2300になってしまいます。) さらに期間限定盤2大封入特典付きなので、ファンの人でまだ購入していない人は今が買い時です。 

ヘッドフォンチルドレン」は今年これまでにリリースされたアルバムの中で、自分のお気に入りベスト3に入る名盤です。 特に歌詞が、そしてメロディーもツボにはまっています。
「ヘッドフォンチルドレン」以前のアルバムに比べると、たとえば「夢の花」、「キズナソング」、「奇跡」などかなり手が加えられて、一般受けしそうなもの(とても聞きやすい)になっているような気がしますが、特に歌詞も含めて個人的にはどれも秀逸な作品だと思います。

夢の花」の、
自分さえ愛せずに 人を愛せはしない  比べた数だけ 汚れてく涙

など、グッと来る歌詞がいっぱいです。
そして、一番好きな曲は「」です。 低音をしっかり表現できるヘッドフォンで聴くと最高です! 初めて聴く人には、こちらの「ヘッドフォンチルドレン」がオススメです。 最初はレンタルしてみて、ツボにはまった人はCDを購入してしてしまう可能性大です。
明日はいよいよ、泉大津フェニックスでのOTODAMA~音泉魂~に登場ですね。 
参加するみなさん、楽しんで来て下さい! 

[ミニ情報] ① Excite Music で、期間限定で「ヘッドフォンチルドレンツアー」
(Zepp Tokyo)の模様が配信(有料)されています。 → click!

② 冬の東名阪ツアーが決定しました!
12月 4日(日) 名古屋CLUB DIAMOND HALL
12月 8日(木) 大阪なんばHatch[10月8日(土)一般発売]
12月11日(日)・12日(月) SHIBUYA-AX

③ メンバーVIDEOコメント、ライブ映像などはこちら → click!
[PR]
by pomology | 2005-09-02 21:22 | 邦楽
雷が鳴る前に
あなたの好きなカバー曲は?
c0072970_20334941.jpg

風の強まりと共に真っ黒な雲が広がり突然の大粒の雨。 そして眩い光に遅れて
やってくる雷鳴...  
そんな夏の日の夕方、思い起こす曲が槇原敬之の「雷が鳴る前に」です。 
この曲は、彼の3rdアルバム「君は僕の宝物」に入っている”セツナイ”恋心を感じさせてくれる曲です。 彼の歌う「雷が鳴る前に」も好きですが、その情景が彼以上にしっかりと浮かんで来るのが矢野顕子のcover versionです。  矢野顕子のカバー曲では他に、THE BOOM(宮沢和史)の「中央線」やMoon Ridersの「ニットキャップマン」(オリジナルもコーラスで歌っており、作詞は糸井重里です。)も秀逸です。
歌詞だけでは浮かばなかった風景や心模様が、彼女の奏でるピアノと個性的な声で歌われる歌詞を聞いていると... 例えば不思議なくらいフジオさん(ニットキャップマン)に感情移入してしまうのです。

昨年8月、大阪シンフォニーホールで行われたレイ・ハラカミ(京都在住)をゲストに迎えたコンサートに行ってきました。 上記3曲は残念ながら演奏されませんでしたが、大好きな曲の1つ「David」は聞くことができました。 彼女のコンサートに行くと、心がほんわりと円やかになって笑顔で帰れるんです。 残念ながら年末のくるりとの共演コンサートには日程がつかず行けませんでした。
いろいろな才能溢れるミュージシャンとのコラボレーション、これからも続けて欲しいです。

さて、逆に女性ミュージシャンの曲を男性ミュージシャンがカバーしている曲で好きなものが、bank band で歌う櫻井和寿(ミスチルの桜井和寿)の「」です。 これはオリジナルの中島みゆきの「糸」より好きなのですが、大貫妙子の「突然の贈り物」、これは
???です。 オリジナルは大好きな曲ですが、男性が切なく繊細な乙女心を感情を乗せて歌うことの難しさ(限界?)を感じました。 竹内まりあの歌うカバーは良い感じです。

洋楽のお気に入りカバー曲については、また次の機会に...

[ミニ情報] ① 来日中の矢野顕子の期間限定Podcast はこちら → click!

② 矢野顕子翻訳の絵本「しょうぼうていハーヴィニューヨークをまもる」販売関連ブログ → click!
c0072970_10171075.jpg

③ 10月13日に、この秋全国ロードショーされる映画「誰がために」のサウンドトラック(矢野顕子が全曲書き下ろし)が発売されます。 ピアニストとしての彼女の魅力を楽しめる内容のようです。   詳しくはこちらへ → click!        
[PR]
by pomology | 2005-08-24 20:35 | 邦楽
  

ブログは永らく休止中ですが、今年2009年 Mr.childrenについてはホールツアー1回、ドームツアー2回行って来ました。
by pomology
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のトラックバック
東京ドームホテル
from 東京ドームホテル情報ですよ
あのピアノの名曲を着うたに
from 『音楽神殿』-au公式着うた
ハナレグミ
from ハナレグミ
全く新しいクラシック着う..
from 『音楽神殿』-au公式着うた
日テレ・炭谷宗佑アナ、盗..
from イチロー語録/イチローに学ぼう
音楽の新しいネットワーク
from au公式クラシック着うた『音..
ニルヴァーナ トリビュート
from CD レンタル Check
星降る夜に
from ミュージックの紹介ページ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧