カテゴリ:漫画( 11 )
ついに出た!
「PLUTO」(プルートウ)003

c0072970_20421351.jpgc0072970_20412613.jpg











以前このブログでも紹介した、手塚治虫による鉄腕アトム「地上最大のロボット」を原作にしたオマージュ・リメイク、ビッグコミックオリジナルに連載中(偶数号に掲載)の浦沢直樹作品の第3巻です。 

ビッグコミック・スピリッツに連載中の「20世紀少年」もそうですが、SFサスペンス漫画では最も優れた作品だと思います。  物語自体大胆でありながらも、登場人物の繊細な心理を描いた内容や、サスペンスタッチのストリー展開の巧みさに加え、まるで映画を観ているように感じられる彼のコマ画面の描き方や使い方は、さすが幾つかの賞を受賞するだけのことはあります。(PLUTOでは、第9回手塚治虫文化賞マンガ大賞に続き、2005年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞も受賞しています。)

 人とロボットが共存する社会で、次々と巻き起こるさまざまな事件。 より人間的に描かれている主人公であるアトムや他のロボット達。 第3巻では、いよいよプルートウを操る黒幕が登場します。  惜しむらくはゆっくり連載なので、ビックコミックとして年1回程度の発刊になることでしょうか? 忘れかけた頃に、発売されるといった感じです。 その分、中身も濃いのですが...

浦沢作品では、最近の作品とはタイプは全く異なりますが、「Happy!」が4月7日(金)午後9時から相武紗季主演でドラマ(TBS系)化、放送開始されます

ところで、昨年4月に公表されたMonster」のハリウッド映画化(New Line Cinema)ですがどうなっているのでしょうか?
[PR]
by pomology | 2006-04-02 21:05 | 漫画
「人を呪わば穴二つ...」 最近気になるアニメ
地獄少女
今年最初のアニメ(漫画)がテーマの内容です。
c0072970_19335148.jpg
昨年10月から雑誌連載(原作:地獄少女プロジェクト、まんが:永遠幸)とTVアニメ放映が始まったホラー物「地獄少女」です。 そのストーリーは...

「午前0時にだけアクセスできる『地獄通信』。 ここに晴らせぬ恨みを書き込むと、地獄少女(彼女の名前は、閻魔あい。)が現れて憎い相手を地獄へ堕としてくれる... 子ども達の間で広がった都市伝説のような噂だったが実は本当のことだったのだ。  ・・・だがそこには伝説には語られていない、少女との契約があった。」 

人を呪ろわば穴二つ。 相手を地獄に送る代わりにあなたの魂も死後地獄へ行くことになるわ。 それでもいいの?

内容が内容なだけに笑えるようなアニメではありませんが、和風の美しい色彩に加え、そのストーリーにも少しはまってしまっています。(漫画の方は読んでいないのですが...)
c0072970_20451197.jpg
全26話のうち、13話までが終了しました。 DVD第1巻は、今月25日発売。 コミック第1巻(「なかよし」に連載中)も今月25日に発売されます。 週間少年ジャンプ連載のDEATH NOTE、週間少年マガジン連載のヴィンランド・サガなど、少年少女向け雑誌に大人も結構楽しめる内容の漫画が連載されているのは注目したいところです。

放送局と時間
キッズステーション: 火曜24:00、火曜28:30、日曜25:30
アニマックス: 金曜18:30、日曜17:30、翌日曜5:00、月曜7:30
東京MXテレビ: 土曜17:00
毎日放送: 土曜25:55

official サイトはこちら → click!
東京MXテレビのサイトはこちら → click!
地獄通信へのアクセスはこちら → click! 
[PR]
by pomology | 2006-01-08 20:14 | 漫画
ベートーベン ピアノソナタ第14番嬰ハ短調作品27ー2 『月光』
The Perfect World of KAI /ピアノの森 11
c0072970_1174073.jpg
以前も、このブログで紹介したことのある大好きなマンガです。 主人公カイを中心にした、クラシックピアノの世界を描いた音楽ものです。 このブログの内容から考えると「BECK」(ベック)のBECK MUSIC GUIDEを紹介しようと考えたのですが、今回は、大好きな一色 まこと作品である「ピアノの森」第11巻をご紹介します。
第9巻発売 → 長期間休載 → 掲載誌の廃刊 → 週間モーニングで連載再開
そして、モーニングコミックから第10巻、第11巻と順調に発売されています。

買いに行ったのが発売日から少し遅れたため、5軒目でようやくゲット! 一気に読んでしまいました。 今回は、便所姫こと丸山誉子がショパン国際コンクール推薦オーディション第2次予選(課題曲:ワルツOP64-3とエチュードOP10-6)に出場するところから始まります。 そして、カイも小学生の時以来のコンクール、日本ソリストコンクール2次予選(ベートーベンピアノソナタ「月光」)に出場、そこへ... といった内容でDETH NOTEとは対照的に一気に読んでしまいました。 のだめも面白いのですが、ピアノの森はじんわりと胸に込み上げてくる感動があるのです。 そういう点では、以前紹介した「花田少年史」(全5巻)もとてもすばらしい作品です。(アニメ化もされており、DVDやVIDEOも発売されています。) 一色まことの画風を子どもっぽく感じる人がいるかもしれませんが、画力はあると思います。(少年史で一コマだけ出てきたリカちゃん人形などを見るとわかります。)

最初に学んだ楽器がピアノで、初めての発表会の時舞い上がってしまい、2曲演奏するところを1曲で引っ込んでしまったことのある自分としては、この「ピアノの森」はコンテストでのドキドキ感と共に夢を与えてくれるマンガです。

ところで週間モーニングは、「ピアノの森」をはじめ「バガボンド」、「ジパング」、「ドラゴン桜」、そして不定期ですが「不思議な少年」(山下和美短編集のROCKSもお薦め!)など、人気作品の連載が多いです。

大晦日の1曲:「未来THE BACK HORN
c0072970_2053694.jpg
                心に心に 歌が響いて 僕ら歩き出す 鮮やかな未来
[PR]
by pomology | 2005-12-31 11:47 | 漫画
人類の勝負
20世紀少年第20巻
c0072970_2295860.jpg
話は前巻くらいから、いよいよ佳境に入ってきたのですが、今回も、じわじわと事実がわかり、様々なエピソードと共に最後の戦いへと話は続きます。 本物の「ともだち」の正体こそが20世紀少年?? ということは...  自分の推理があたっているのかどうかはまだ自身がありません。 今回ツボにはまったセリフは、「カンナ」が「ともだち」に向かって叫んだ、
「歌を作って... 心の底から歌って... 人に涙させることのほうが、よっぽどすごい力よ!!」
でした。 明日から、再びスピリッツの立ち読みをがまんして次の単行本の発売日を待つ生活が始まります。 ストーリーの結末やいかに!? 
[PR]
by pomology | 2005-10-31 22:24 | 漫画
あなたの「しおり」は誰?
のだめカンタービレ
c0072970_19545159.jpgc0072970_2081468.jpg















かなり久しぶりに漫画の話題です。 
もちろん、DEATH NOTE8巻・ピアノの森10巻なども発売後すぐに購入して読みましたが、「のだめ」は少し後になってしまいました。 今回は、のだめ祭開催中ということで初版限定キャラしおり付きです。 というわけで、今回はCollection3 の峰 龍太郎でした。

ストーリーは新しい章に突入! 千秋もいよいよオーケストラの常任指揮者に、そして「のだめ」と共演? そして孫Rui もパリにやって来て... いつものようにところどころに笑いあり(涙無し)のリラックスして楽しんで読める漫画です。

夏には、「Selection CD Book」 、今月は「千秋真一指揮、R☆Sオーケストラのブラームス交響曲第1番」が発売され、10月には「キャラクターBook」発売予定と「のだめ」関連作品の発売が続きます。

さらに、英語版も第2巻まで発刊されています。 第3巻は11月に発刊、その後も順次発刊予定です。 Amazonで、税込み¥1132と、ちょっとお高いですが「のだめ」で英語学習をしてみようという人には良いかもしれません。

あなたは、どのキャラクター?(こんなの見つけました。)
(改)あなたののだめカンタービレキャラクターチェック → click!
[PR]
by pomology | 2005-09-25 21:01 | 漫画
誰もあのことをいわない
夕凧の街・桜の国Ⅰ・桜の国Ⅱ
c0072970_17392641.jpg

こうの史代この作品は、第9回手塚治虫文化賞の新生賞と第8回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門で大賞を受賞した話題作なので、ご存じの方も多いかもしれません。

原爆をテーマとし、それにかかわることを表現するのは、アニメ以上にマンガでは難しいような気がします。 そのせいか原爆をテーマにしたマンガは数えるほどしかないように思います。 古いところでは、昭和40年代に少年マガジンに掲載された「ある惑星の悲劇」(手記:草河達夫 劇画:旭丘光志)や、少年ジャンプに連載された「はだしのゲン」(中沢 啓治)くらいしか思い浮かびません。 とくに後者は、各地の公立図書館や学校図書館にも必ずと言って良いほど置かれているので、読んだことのある人が一番多い作品かもしれません。 特に「はだしのゲン」については、作者本人の経験をもとに描かれているため、昔、図書館で初めて読んだ時に受けた原爆に対する強い衝撃は今でも忘れられません。 後に多くの子ども達の原爆体験記である「原爆の子(上・下)」を読んだとき、「はだしのゲン」の作者と同姓同名の子どもの手記を見つけたのですが、その内容から考えてひょっとしたら本人かもしれません。

さて、この「夕凧の街」は表題の作品を含めた3部作になっています。 作者の画風はほんわかした温かさを感じるものです。 話の舞台は昭和30年の広島、そして平成へ... 原爆の悲劇は、決して1945年8月6日だけのものではありません。 上記の2作とは全く異なったアプローチで私たちの心にじわっと静かに染み込んできます。 作品のページ数は少ないのですぐに読めてしまいますが、内容は深いです。  このマンガに出会って良かったなと思えた作品です。  映画化が決定したようです。
[PR]
by pomology | 2005-08-07 19:13 | 漫画
ΠΛΑΝΗΤΕΣ(プラネテス)
宇宙はおまえを愛してはくれないが、許してはくれる
c0072970_22205891.jpg

プラネテス」。 2002年にコミック部門で星雲賞を受賞した幸村 誠のデビュ
ー作品です。 
単行本第1巻が出たときに、この漫画と出会いました。 第1巻で作者が後書きに
書いているように、「宇宙」の語源は中国前漢(紀元前2世紀)の哲学書「淮南子
(えなんじ)」にさかのぼり、
「往古来今これを宙といい、四方上下これを宇という」

から来ているということです。 つまり、「宙」は「時間」、「宇」は「空間」を意味しています。

プラネテスΠΛΑΝΗΤΕΣ)」は文字からわかるように、ギリシャ語です。 
惑星」という意味ですが、もともとは「さまようもの」という意味があるようです。 
英語の「planet(惑星)」はこのギリシャ語が語源になっています。

さて、この「プラネテス」は本当によく書き込まれた漫画です。 宇宙にあまり
興味のない人は少し読み辛いかもしれませんが、宇宙関連の漫画の中で、手塚治虫の作品以外では、この作品が一番気に入っています。 第4巻で完結するのですが、
公式ガイドブック」も出ています。
さらっと読むだけではわかりにくいかもしれません。 じっくり深く何回か読んでみると理解できる部分がけっこうあります。
c0072970_22573940.gif

この漫画はアニメ化され、NHKのBSで放映されていました。 今は同局のBShiで再放映されています。 このアニメの方も今月メディア部門で、星雲賞を受賞しました。 DVD化もされています。

幸村作品では、現在連載中のヴァイキングの世界を描いた、「VINLAND SAGA
(ヴィンランド・サガ
)」もオススメです。
[PR]
by pomology | 2005-07-29 22:17 | 漫画
20世紀少年
20th Century Boy
c0072970_22531169.jpg
c0072970_22571334.jpg
今日、「20世紀少年(19)」を買いました。 通常版は¥530ですが初回限定版(¥780)は、なんと「T-REX」の”20th Century Boy” が1973年当時の国内版シングル完全復刻CDとして付いているのです!! 1970年代初頭、「ビートルズ」亡き後ブリテッシュ・ロック界に降臨した2人組、その中でも今は亡き「マーク・ボラン」の個性と演奏するキラキラ輝くブギー・サウンドは多くの若者を魅了し、”David Bowie”と共にグラム・ロック(グラマラス・ロック)の王者として君臨していました。 日本では、初期の”THE YELLOW MONKEY” がグラム・ロックを意識したサウンド作り(ファッションも?)をしていると思います。 「T-REX」のマーク・ボラン、ロックの歴史を語るときには、絶対に外せない人物です。
ところで、浦沢直樹の漫画「20世紀少年」のほうですが、いよいよ佳境に入りそうな気配が!?
[PR]
by pomology | 2005-06-30 22:59 | 漫画
PLUTO 002
浦沢直樹「PLUTO(プルートウ)」第2巻

 待ちに待った、「PLUTO」第2巻を読みました。 手塚治虫の鉄腕アトム「地上最大のロボット」がベースになった作品ですが、内容はSFサスペンス。 さすが浦沢直樹作品、一気に読んでしまいました。 前巻最後にアトムが登場し、第2巻では、とても人間的なアトムが描かれています。 二つの事件と、その事件現場に残されたコラージュの共通点。 ロボット捜査官ゲジヒトの推理とアトムの存在。 ゲジヒトを初めとするロボット達の心の葛藤。 今回は、田鷲警部やお茶の水博士、そしてアトムの妹ウランも登場します。

 個人的な感想ですが、「MONSTER」は結末があっけなかったし、「20世紀少年」は話をひっぱり過ぎているように思うので、この「PLUTO」はそうならないよう期待しています。

 ところで、今回読んでいる途中で表紙カバーが外れてしまい、偶然中表紙のデザインに気付いたのですが、数色カラー刷りの英語バージョンでした。 なかなか、いい感じです。
 アメリカでは「MONSTER」と「Pineapple Army」が発売されているようなので、「PLUTO」も発売されるかもしれませんね。


c0072970_12374592.jpg
c0072970_1238137.jpg
[PR]
by pomology | 2005-05-03 12:22 | 漫画
第2部開始!! DEATH NOTE
第2部開始

 いよいよ、待ちに待ったDEATH NOTEの第2部が少年ジャンプ20号から始まりました。
2009年にまで時代が一気に進み、アメリカ政府の協力を得、キラを捕らえノートを押さえようとする真のLを次ぐ者「ニア」と、ニアより先に二冊のデスノートを狙う「メロ」。 第2部は新しいキャラクターの登場に加え、物語のスケールが一回り大きくなったように思います。
  ライトvsニアとメロ これからもDEATH NOTEから目が離せません。 こんなに、ドキドキ、ワクワクしながら読める漫画は久しぶりです。

もう一つの連載再開

 ピアノの森が、いよいよモーニング20号から再開しました。  この時を2年以上待ち続けていました。 第81話は「特別のピアノ」というタイトルで、主人公カイが昔出たピアノコンクールでの彼の演奏が、他の人に与えた影響を改めて思い出しました。 モーニングは週間なので、これから毎週読めると思うと本当に楽しみです。  
アッパーズKCから出ていた単行本ですが、第1巻~第3巻までカバーデザインを一新、モーニングKCより再発売されています。 すばらしい漫画だけに、この機会にピアノの森のファンがもっと増えて欲しいです。  
c0072970_22193786.jpg
c0072970_223638100.jpg
[PR]
by pomology | 2005-04-20 22:38 | 漫画
  

ブログは永らく休止中ですが、今年2009年 Mr.childrenについてはホールツアー1回、ドームツアー2回行って来ました。
by pomology
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のトラックバック
東京ドームホテル
from 東京ドームホテル情報ですよ
あのピアノの名曲を着うたに
from 『音楽神殿』-au公式着うた
ハナレグミ
from ハナレグミ
全く新しいクラシック着う..
from 『音楽神殿』-au公式着うた
日テレ・炭谷宗佑アナ、盗..
from イチロー語録/イチローに学ぼう
音楽の新しいネットワーク
from au公式クラシック着うた『音..
ニルヴァーナ トリビュート
from CD レンタル Check
星降る夜に
from ミュージックの紹介ページ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧