カテゴリ:海外( 1 )
Anti-terror
この1週間で感じたこと
c0072970_14543437.jpg

今月2日に行われた”LIVE8”後の6日、2012年の第30回夏季オリンピックがロンドンで開催されることがIOCから発表されました。 そして、平和を象徴するようなイベントとイベント発表後、グレンイーグルズでのG8 開催にあわせた7日の合計4件の地下鉄とバスへのテロ。  イギリスの人たちにとって、そして世界中の平和を愛する人たちにとってこの1週間の出来事は、今私たちが直面している現実を実感せざる得なかったのではないでしょうか。

 イギリスは2回訪れたことがありますが、ロンドン滞在中は大英博物館にほど近い、Russell Square地下鉄Piccadilly line)に宿をとっていました。 今回4件のうち2件の爆発がRussell Square近くで起こったということで、自分が遭遇していないにもかかわらず、地下鉄のようすやダブルデッカーが走っている周りの風景は目に浮かんできます。 ロンドンを最初に訪れた時、驚いたのですが、ロンドンは多民族都市です。 テロリスト達が、どのような組織に属しているかは別にして、多くの罪のない人たちの命を奪った行為に対しては「怒り」しか感じ得ません。

  テロの恐ろしさは、未だ私の心の中に強く残っています。 海外生活中の2年目に、当時住んでいた国でテロが頻発しました。  反政府のテロリストによって時限爆弾がバスや列車に仕掛けられ、私が唯一目撃したものは、鈍く低い轟音と共に数キロ先(とはいっても通勤で近くを通ることがある場所)にキノコ雲が上がり(バスに時限爆弾がしかけられた)、多くの尊い命が失われました。  その後、あたりまえのことですが、長距離バスや飛行機での荷物検査や人物の確認がかなり厳重になりました。 休日、アメリカ大使館の図書館によく雑誌を読みに行っていましたが、当然と言えば当然のことで、手荷物検査だけでなく金属探知器も使われました。 車は、歯医者が歯を診るミラーのような感じの柄付き大型ミラーで車体の下まで調べられます。 このようなことがあって、今でも電車の網棚やホームのベンチに持ち主がわからないような紙袋やかばんを見かけると、ものすごい恐怖感に襲われるのです。 これってPTSDなのかもしれません。

 アフリカの貧しさや紛争、中東地域の紛争などの原因を「歴史」に求めるのは簡単です。 しかし、人種や宗教、文化の違いはあっても、同じ地球に住む仲間であるということには違いはありません。 大国や、個人の私利私欲によって引き起こされる命の奪い合いではなく、一人一人の力はたとえ小さくても、たとえばこれまで考えてもみなかった「世界の貧困」について気付く人たちが増えれば、その中から協力し合ってその問題にかかわったり、政府にはたらきかけたりする行動も起こってくるのではないでしょうか。 Live8のようなコンセプトライブやオリンピックも、大国や企業の思惑にとらわれることなく、一人でも多くの人たちが本当に人として大切なことに気付き、考え、行動がでるきっかけになるようなものであってほしいです。   

この約1ヶ月半テーマを音楽1本に絞ってきましたが、今回はこの1週間の出来事の中で思ったことを書いてみました。
[PR]
by pomology | 2005-07-10 15:02 | 海外
  

ブログは永らく休止中ですが、今年2009年 Mr.childrenについてはホールツアー1回、ドームツアー2回行って来ました。
by pomology
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のトラックバック
東京ドームホテル
from 東京ドームホテル情報ですよ
あのピアノの名曲を着うたに
from 『音楽神殿』-au公式着うた
ハナレグミ
from ハナレグミ
全く新しいクラシック着う..
from 『音楽神殿』-au公式着うた
日テレ・炭谷宗佑アナ、盗..
from イチロー語録/イチローに学ぼう
音楽の新しいネットワーク
from au公式クラシック着うた『音..
ニルヴァーナ トリビュート
from CD レンタル Check
星降る夜に
from ミュージックの紹介ページ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧