<   2005年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
心地よいリズムが大好きです。
水川あさみのおすすめCD
c0072970_21111444.jpg

次にブレイクしてほしい女優の1人が、水川あさみです。 今年は、今上映中の「深紅」(野沢尚原作)を含め6本の映画に出演、10月3日スタートのNHK連続ドラマ小説「風のハルカ」にも主人公ハルカの幼なじみでライバルの木内奈々枝役で登場します。 彼女は大阪出身で、P&G JAPAN、パンテーン エクストラ ダメージケアのCM(綾瀬はるかバージョンもあります)に登場しているのでご存じの方も多いかと思います。
c0072970_22372755.jpg

さて、その彼女がiPodに入れ、撮影の合間に良く聞いているのがJack Johnsonの「In Between Dreams」だそうです。(自分も持っている1枚ではありませんか!) 

ハワイ、オアフ島のノースショアに生まれた彼は、サーファーであり、サーフドキュメンタリーを撮り、音楽も作曲するという多才な人です。
(詳しくはこちらのbiographyを読んでみて下さい。)

サーフミュージックといわれる彼の音楽の最大の魅力は、のんびり、ゆったり、そしてほのぼのとしたアコースティクサウンドの曲が多く、聞いていてとてもリラックスできるところでしょうか? 緊張感はありませんし、感動で鳥肌が立つこともありません。 でも、心地よいサウンドです。 できたら暖かい日、青空の下青い海を眺めながらというシチュエーションが合うと思います。
今年、春に来日。 購入したのは輸入盤なので、ボーナストラックは入っていませんが満足できたナチュラルな1枚でした。 大自然の優しさと恐ろしさの両方を知っている彼だからこそ作り出せるサウンドなのかもしれません。
[PR]
by pomology | 2005-09-27 22:45 | 洋楽
あなたの「しおり」は誰?
のだめカンタービレ
c0072970_19545159.jpgc0072970_2081468.jpg















かなり久しぶりに漫画の話題です。 
もちろん、DEATH NOTE8巻・ピアノの森10巻なども発売後すぐに購入して読みましたが、「のだめ」は少し後になってしまいました。 今回は、のだめ祭開催中ということで初版限定キャラしおり付きです。 というわけで、今回はCollection3 の峰 龍太郎でした。

ストーリーは新しい章に突入! 千秋もいよいよオーケストラの常任指揮者に、そして「のだめ」と共演? そして孫Rui もパリにやって来て... いつものようにところどころに笑いあり(涙無し)のリラックスして楽しんで読める漫画です。

夏には、「Selection CD Book」 、今月は「千秋真一指揮、R☆Sオーケストラのブラームス交響曲第1番」が発売され、10月には「キャラクターBook」発売予定と「のだめ」関連作品の発売が続きます。

さらに、英語版も第2巻まで発刊されています。 第3巻は11月に発刊、その後も順次発刊予定です。 Amazonで、税込み¥1132と、ちょっとお高いですが「のだめ」で英語学習をしてみようという人には良いかもしれません。

あなたは、どのキャラクター?(こんなの見つけました。)
(改)あなたののだめカンタービレキャラクターチェック → click!
[PR]
by pomology | 2005-09-25 21:01 | 漫画
人工知能と勝負!
20Q(トゥエンティキュー)
c0072970_171851.jpg

アナタの心お見通し!
アメリカで大ブレイク!200万個以上の販売実績を誇る20Qがついに日本に上陸!
何かひとつ心の中に好きなものを思い浮かべてください。20Qの約20問の質問に答えていくだけで、あなたが心の中に思っている言葉をズバリ当ててしまう携帯型人工知能です!

子どもの頃BANDAIにお世話になった1人として、今月9月29日にナムコと統合し、「株式会社バンダイナムコホールディングス」が設立されるというニュースには、時の流れを感じました。 高齢化そして少子化社会に入り、さらにテレビゲーム世代の多い日本でのビジネスは厳しいものがあるかもしれませんが、これからも子ども達の夢を育み、知的好奇心を刺激し続けてほしいと願うバンダイファンの1人です。 

さて、そのバンダイから11月中旬に20Qが発売されます。 これは、アメリカのRadica Games社から発売されたアメリカで大人気の携帯人工知能玩具(8歳以上対象)の日本バージョンです。 気になるお値段は税込み¥2100(アメリカでは定価$13.99)です。 

さて、その性能は...
下のサイトで、確認できるので人工知能と勝負してみて下さい!(ネイティブの8歳以上の英語力のある人は、アメリカのサイトでチャレンジしてみましょう。)  なかなかの正答率ですよ。
初めてやって、ズバリ当たった時にはビビリました!

人工知能研究所(バンダイ)はこちら → click!

Twenty Questions(英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・中国語・イタリア語)はこちら
 → click!
[PR]
by pomology | 2005-09-25 17:49 | その他
LAWSON TICKETS
YEN...FREE!
c0072970_20421121.gif

先行予約でゲットしたMr.children DOME TOUR 2005 ”I U”のチケット発券のため、昨日ローソンに行きました。 その時、遅ればせながら「LAWSON TICKETS」10月号を頂いてきました。 今月号は表紙に使用されているミスチルのツアー、そしてサザンのツアー情報が目を引きますが、OORONG-SHAとTOY'S FACTORY編集の20頁におよぶ別冊が何よりも嬉しいです。

この夏ミスチルが参加したサマフェス(4カ所)完全レポートも良かったのですが、とても嬉しいのはミスチルのPVやジャケットデザインを担当している丹下紘希のインタビューが4頁にわたって掲載されていることです。 

チケットの購入は、たいてい「チケットぴあ」を利用しています。 ただ、チケット情報誌はできればローソンチケットのように無料というのがありがたいです。 また、LAWSON TICKET はWEBでも見ることが出来ますし、そちらの先行予約(BB Loppi先行)はサザンがあるので要チェックです。(利用には専用ソフトLOWSON TICKET PLAYERのダウンロードが必用です。)

今回のミスチルのツアーに関しては、ローソンではLEncore先行、でじロー先行(共に有料会員になる必用あり)とLT先行が、JCB会員ならJCB先行もこれからです。

ところで、チケットの座席は大阪ドーム3塁側下段(スタンド席)でした。 オークションで出品されているチケットでもアリーナ席はまだ出ていないので、FC先行はアリーナ席かもしれません。
ローソンで発券してもらっているとき、店内にはタイムリーにも「Worlds end」が流れていました!! ミスチル初の5大ドームツアー、どのようなライブになるか? 11月が来るのが楽しみです。  
[PR]
by pomology | 2005-09-24 21:39 | 邦楽
What Is Mae ?
マエ? いいえ、メイです。

c0072970_18182191.jpg

12月に2度目の来日が決定、明日がチケット発売日なので今年購入した洋楽CDの中でお気に入りの1枚をここで紹介します。

Mae(メイ)」とは、2001年に結成され現在アメリカのバージニア州ノースフォークを拠点に活動している5人編成のエモ(エモーショナル)系バンドの名前です。 このブログからお察しの通り、邦楽・洋楽共にエモ系のバンドがツボです。 そして、美メロならメロメロです。

彼らの2ndアルバム「The Everglow」、アメリカでは3月29日にリリースされ本国はもちろんのこと日本でもUS盤が洋楽美メロファンの間で大好評でしたが、国内盤はようやく先月8月3日にリリースされました。(遅すぎ!)
期間限定1980円(税込み)、国内盤のみCD-EXTRA で「Suspension」のBonus video が入っています。 もちろんUS盤の方が安いですが、このバンドは歌詞も肝なので、対訳付きの国内盤購入もお勧めできます。

昨年、BBCも絶賛のUKの美メロバンド「KEANE」のデビュー・アルバム「Hopes & Fears」もツボにはまったのですが、こちらはスリーピースで、ボーカル・ピアノ・ドラムと、いたってシンプル。
ギター好きの自分としては、聞き込んでいく中で何か物足りなさを感じていたのですが、Maeは乾いたアメリカンサウンドと共に、特にこのアルバムではピアノが全面に出ているもののギターの存在も大きく、こちらのサウンドの方が気に入っています。 聞き込めば、聞き込むほど美しいメロディーだけがこのバンドの魅力ではないことに気付きました。 ライブが本当に楽しみです。 明日はoasisのチケットを買わず、Maeのチケットの購入を決めました。 

今回のアルバムは、Ken Andrewsをプロデューサーに向かえ1stアルバム「Destination: Beautiful」よりRock色が少し強まっているように思います。 また、ミスチル同様アルバム・アートワークも良い感じです。(小林武史が好みそうなストーリー性あるイラストが絵本風に歌詞と共に綴られています。)
CD盤自体も、レコード(溝有り)風にデザインされています。 小さなレコードって感じです。
c0072970_21341725.jpg

輸入盤、国内盤共に、Prologue とEpilogue は音源だけですので内容を紹介しておきます。
Prologue
Hello and welcome to ”The Everglow” by Mae.
You are now listening to the audio portion of the album.
To complete your experience,please open the booklet that
accompanies the compact disc.
Good,you are now ready to experience ”The Everglow”.
You’ll know it’s time to turn the page when you hear this sound.
Thank you and enjoy your journey.
Epilogue
Hello again.
This concludes ”The Everglow” by Mae
I hope you enjoyed your journey.
Good night!

[Mae情報]
the music is much too loud tour
10月6日、ワシントンDCを皮切りに11月25日、本拠地ノースフォークまでの40公演におよぶ全米ツアーが行われます。
そして、待望の Japan tour は...
12月2日渋谷クラブクアトロ 12月5日名古屋クラブクアトロ 12月6日心斎橋クラブクアトロ
という予定です! チケット一般発売日は、いよいよ明日です!! → click! 
② Maeの曲の試聴はこちらへ → click!
③ MaeのAlbum Art Workを担当しているAsteric Studioのサイト
 → click!
(Maeのデザインは、こちら → click!
[PR]
by pomology | 2005-09-23 21:37 | 洋楽
Salyu & THE BACK HORN ミニ情報
Salyu
c0072970_2256497.jpg

いよいよ来月1日札幌を皮切りに全国5カ所をめぐる、Salyu First Tour「landmark」と、10/26にニューシングル(「風に乗る船」c/w「再生」)のリリースをひかえているSalyu ですが、札幌と九州のFM局のレギュラー担当に引き続き、FM802(大阪)で、10/9(日)より「MUSIC FREAKS」にてJackson Vibeのグローバー、BEAT CRUSADERSのヒダカに替わり、隔週日曜22:00~24:00のレギュラー担当が決定しました!(また、それに先立ち同局の「from A presents FM802 Holiday Special『One Step Forward!』」では、10:00~18:55の間でDJとして出演します。) 関西のSalyu ファンは要チェックです。
c0072970_22465225.jpg

また、年末恒例の幕張メッセでのCOUNTDOWN JAPAN 05/06に出演(12/31の大晦日)が決定しています。

THE BACK HORN
c0072970_22495299.jpg

先月、初のライブCD「産声チェインソー」をリリースしたTHE BACK HORNですが、関東、関西1校ずつ大学祭に出演後、年末に「冬の東名阪ツアー~ディストーション注意報~」が行われます。 チケットの一般発売日は来月ですが、HP先行予約が決定しました!!

受付期間は、9/21(水) 0:00~ 9/25(日) 23:59です。 詳しくはこちら → click!
また、Salyu同様COUNTDOWN JAPAN 05/06に出演(12/29)が決定しています。(ACIDMANも同じ日です。)
[PR]
by pomology | 2005-09-20 22:51 | 邦楽
Mr.children 12th album on sale now !
I U
c0072970_211393.jpg

発売日の前日ですが、仕事帰りに購入! 帰宅後すぐにiTunesでHDにダウンロード、聴きながらのブログ更新です。 先に発表された、「Sign」 そして四次元から「未来」「and I love you」「ランニングハイ」の4曲を含む計13曲入りです。 ミスチルのPVをここ数年いくつか担当しているyellow brain の丹下紘希デザインのジャケット、そして今回は歌詞がデザイン化されています。

すでに知っている4曲もアルバムの流れの中での1曲となると、シングルで聞いていたときとは異なった印象に変わるのが不思議です。

ミスチルの曲は聞き込めば聞き込むほどに味が出てくる、いわゆる「するめタイプ」の曲が多いので、それぞれの曲の感想は時間の経過によって変化します。 また、季節や天気、時間、そのときの精神状態などでも好みの曲が違ってきたりします。

というわけで先の4曲以外では、「僕らの音」と「CANDY」あたりのスローテンポのしっとりとした曲が、本日の気分にあった曲でした。 胸キュンの曲です。

ミスチルの好きなアルバムBEST3が、「]「深海」「シフクノオト」なのですが、今回のアルバムはどうなるでしょう? それには、これからまだ何ヶ月もかかりそうです。

緊張感のある曲の多かった前作「シフクノオト」に比べ、ゆったりリラックス感を感じる今回のI Uというのが初日の感想です。

今回、歌詞が印象に残った1曲は、「隔たり」です。 う~ん、このような感情は男性と女性で、さらには年齢で、そして何よりも個人差があるような気がします。 昨年のツアーでは、「花言葉」の前のMCで過去の恋愛について語っていた(18禁?)桜井和寿ですが(もちろん、後に発売されたDVDには入っておりませんし、奥さんが見に来ている会場では話さないかも?)、今回のツアーでこの歌詞についてのMCがあるかもしれませんね。(笑)

それにしても、やはり「Sign」は名曲ですね。 シングルで発表された4曲は、すべてライブで聞きましたが、残りの曲もやはり生で聴いてみたいです。(ファンクラブに入ってないので、いまだチケットは手に入れていませんが...)

丹下紘希のyellow brainのHP  → click!
(「くるみ」と「and I love you」は残念ながら紹介されていませんが、yellow brainを知らない人は必見です!)
[PR]
by pomology | 2005-09-20 21:06 | 邦楽
バンドブームがやって来た?
あなたのバンドは何色?
c0072970_2213882.jpg

といっても、今回はロック・バンドではありません。 リスト・バンドの色のことです。
最近、ロックフェスやライブでファンが「同じ色のバンドをしよう。」 とのBBS等への書き込みがけっこう見られるため、自分もチャリティー・リスト・バンドをしている身として混乱しないようまとめて(不完全ですが)みました。

何らかのチャリティーのために、販売されたものが多い思います。 というわけで、色は何色でどのようなチャリティーのものかを以下に紹介します。

黄色LIVESTRONG NIKE wrist band
リストバンドを知ったのはこれが最初でした。 ツールド・フランスで7年連続総合優勝している Lance Armstrong(Sheryl Crowと今月婚約!) が自らの癌克服経験から基金を創設、NIKEがバックアップしています。

白色Make Poverty History Charity wrist band(英国)
ほっとけない世界の貧しさキャンペーン、そしてLive8で広まり、今日本で最も知られているバンドです。(アメリカではOne。 各国で違いがあります。) 日本でのキャンペーン活動については賛否両論です

緑色increase forest -Green band-(日本)
名古屋のスノーボードウェアー等を取り扱うメーカーが独自に考案した活動で、地球環境を考えるNGOアリーナへグリーンバンドの売上金の1割(10%)を寄付するというものです。
他に、アメリカではTHE RAINFOREST CHARITY BANDがグリーン系です。

青色SurfAid wrist band
医者でありサーファーでもあるDave Jenkinsが始めた医療を中心とした活動。 最近では、スマトラ沖地震災害に係わる医療活動を行っています。(日本ではサーフショップを中心に、チャリティーリスト2連バンドが販売されています。)
また、テニスプレイヤーのAndy RoddickのNO COMPROMISE!(虐待、無視、見捨てられたり苦境に立たされた子供たちのための活動)も青色です。

赤色USA heart disease charity HOPE HEART wrist band
アメリカの心臓病と戦う非営利団体The Hope Heart Instituteのものです。 

ピンク色Breast Cancer Charity wrist band
アメリカで乳がん撲滅推進活動をしているthe Breast Cancer siteのもの。

⑦ その他:紫色黒色橙色、そして何色かが混じったものなどたくさんありますし、上記の色も他の団体からもたくさん出ていると思います。
eBayで、けっこう色々な種類が出品されていますので興味のある人はチェックしてみて下さい。
また、オリジナル・バンドのオーダーを取り扱っているサイトもアメリカにはあります。

このブーム(リストバンド)いつまで続くでしょうか? 西欧的な発想かもしれませんが、今度は「日本発世界へ」という日本的な発想のもの(あるいは取り組み)が現れるかもしれませんね。 リストバンドをつけることで自分がその団体をサポートし支持しているという意思表示になるし、同じリストバンドをしている人を見つけることで、同じ意識を持っているという連帯感も得られるかもしれません。 でも、これだけ種類が出たらどれが何なのかわからないようになるかもしれないし、また別の形で各非営利団体へ協力するという風に変わっていくような気がします。 
最後に今自分が使用しているリストバンドは、サーフショップで購入した上の④で紹介したSURF AID のスマトラ沖地震チャリティー2連(2色)のものです。
[PR]
by pomology | 2005-09-18 22:11 | その他
GG05 in Osaka
Def Tech / ACIDMAN / PE'S / SOURCE
c0072970_22584821.jpg

1週間ぶりの更新です。 1週間の仕事の疲れを引きずったまま、しかし昨日はTGIF!(Thank God It's Friday!) 、というわけで気合いを入れ直し予定どおりMUSIC ON! TV GG05へ行ってきました。 コスモスクエアから、秋の訪れを感じさせる涼風が心地よく吹く夜道を足早に歩き、Zepp大阪へ到着したのは午後7時頃。 すでにオープニング・アクトであるSOURCE の演奏が終わろうとしているところでした。

さて、GG05ですが、MUSIC ON TV!主催、George Williams企画のライブイベントで、東京は今年で4回目、そして大阪では今年が初めての開催です。 GG というのは George’s Government の略です。

前置きはこれくらいにして、登場順にいつものように独断に満ちた感想を...

PE'Z]
まず、PE'Z登場! 昨年12月の大阪ブルーノートでのライブよりも、パワフルでエネルギー全開の演奏です。(ブルーノートより聴衆が若いから?)  前回は、トランペット大山渉の演奏が今ひとつのように感じたのですが、今回は元気で揺れのない延びのある音(個人的には、好みの音色ではないのですが)でした。  彼らが着ていた白の作務衣?は、真夏なら涼しそうなのですが9月中旬ということを考えると、あまり合ってなかったように感じました。 木管楽器や金管楽器のff(fortissimo・きわめて強い)の音が嫌いな人には苦痛かもしれませんが、好きな人にとっては最高でしょう。

[Def Tech]
次は、Def Techです。 登場したときの聴衆の盛り上がり度から、Def Tech目当てのお客さんが今回は多かったようです。  この2人(Shen と Micro)については説明するまでもないと思います。 この夏、大阪ではMEET THE WORLD BEAT や サマソニなどの野外イベントに何回か出演していますが、実際に彼らの音楽をライブで聞くのは初めてでした。
感想は、ずばり、「スゴイ!」  "JAWAIIAN REGGAE" (ハワイアン・日本・レゲエ・ヒップホップが混じり合ったような感じ)と評される彼らの音楽ですが、ハード(音も歌詞も)で熱く、切れ味鋭く、歌声も心地よく、力強く圧倒されます。 普段聞いているCDからは全く想像していなかった彼らのパフォーマンス。 衝撃でした! iTunesでのみ期間限定配信されていた”Conción de la Expansión”(ユニセフへのチャリティーソング)も聞くことができました。

ACIDMAN]
いよいよ、取りの ACIDMAN です。 しかし、Def Tech終了と共に帰る人が結構いました。 「エーッ? 最後まで見ていかへんの~?」  自分は、アシ目当てに来たのですが、音楽にも人それぞれ好みというものがあるのでしかたないと思いながらも、とても残念でした。 アシは、あさってZepp TOKYOでのGG05に出演するので詳しいセットリストは書きませんが、SEはLIVE TOUR "equal"同様「0=ALL」、そして「FREAK OUT」ではなく、「colors of the wind」から始まりました。 そして何よりも今回はRUSHでは聴けなかった、10/19に発売される新曲「季節の灯」を聞くことができました。 新曲は「静」的なACIDMAN を楽しめる曲です。(11/9には「動」的な「world symphony」が、そして12月には待望の4th アルバムがリリースされます。)
関東のアシファンの人、明後日のGG05で「季節の灯」たぶん聴けますよ!

ライブ終了は午後10時前、充実した金曜の夜でした。 次は「HAWAIIAN6」、そして「くるり」という予定です。

[MUSIC ON! TV GG05 オンエア情報]
MUSIC ON! TV にて
GG05@OSAKA ~Live&Document~ 11/3(木)
GG05@TOKYO ~Live&Document~ 11/4(金) どちらも、19:00-20:30
[PR]
by pomology | 2005-09-17 22:49 | ライブ
ハリケーン「カトリーナ」チャリティー・ライブ
SHELTER FROM THE STORM
c0072970_141736.jpg

ハリケーン「カトリーナ」チャリティー・ライブSHELTER FROM THE STORM」が、ハリケーン「カトリーナ」により大きな被害を負ったルイジアナ州、ミシシッピ州、アラバマ州の被災者救援を目的として行われました。 現地時間2005年9月9日(金)夜8時(日本時間で9月10日(土)午前9時)に全米で生放送されたこのチャリティーLIVEが、日本では今日9月10日(土)午後3:00よりWOW WOWで無料(ノースクランブル)で緊急特番放送されます。

出演予定は...

U2 / マライア・キャリー / シェリル・クロウ / ディクシー・チックス / アリシア・キーズ
ランディ・ニューマン / ポール・サイモン / ロッド・スチュワート / ニール・ヤング
ジェニファー・アニストン / キャメロン・ディアス / ジャック・ニコルソン / クリス・ロック
ジャック・ブラック

など錚々たる人たちです。 ニューヨークとロサンゼルスを結んだライブです。

YAHOO!USAでも今、ストリーミング配信されています!
配信終了しました!

このコンサートはランディー・ニューマンの「ルイジアナ1927」で始まり、U2とメアリー・J・ブライジによる「One」、ニールヤングの温かく優しい歌声による「WHEN GOD MAKE ME」も、心にしみます。 曲間のキャメロン・ディアスらハリウッド俳優達によるメッセージも必聴です。  人を救えるのは人であることを感じました。 

このコンサートのCOMMENTARYと詳細がMSNBCで紹介されています。 →  cilck!
[PR]
by pomology | 2005-09-10 14:11 | 洋楽
  

ブログは永らく休止中ですが、今年2009年 Mr.childrenについてはホールツアー1回、ドームツアー2回行って来ました。
by pomology
プロフィールを見る
画像一覧
最新のトラックバック
東京ドームホテル
from 東京ドームホテル情報ですよ
あのピアノの名曲を着うたに
from 『音楽神殿』-au公式着うた
ハナレグミ
from ハナレグミ
全く新しいクラシック着う..
from 『音楽神殿』-au公式着うた
日テレ・炭谷宗佑アナ、盗..
from イチロー語録/イチローに学ぼう
音楽の新しいネットワーク
from au公式クラシック着うた『音..
ニルヴァーナ トリビュート
from CD レンタル Check
星降る夜に
from ミュージックの紹介ページ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧