邦楽ミニニュース
SPITZ/スキマスイッチ/矢野顕子

① SPITZ
c0072970_15582661.jpg
今年でメジャーデビュー15周年のスピッツですが、メンバーが望まなかったベストアルバム「RECYCLE」を封印。 これまでにリリースされたシングル全30曲を、発売順に15曲ずつ収録した2枚のアルバム、「CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection」と「CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection」が、3月25日(土)に発売されます! これはもちろんメンバー公認の公式ベストアルバムです。
今年は15周年を記念したライブはもちろんのこと、他にイベントもありそうで楽しみですね。

今回のベストアルバムについての詳細はこちら →  click!

pomologyが昨年行ったライブの感想はこちら → click!

スキマスイッチ

c0072970_1632927.jpgc0072970_17431688.jpg







昨年末は紅白歌合戦初出場を果たし、3月4日全国東宝系ロードショーされる、「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」で主題歌(3月1日発売)を担当、さらに初の声優にもチャレンジしているスキマスイッチですが、TBS-TV系全国ネット「恋するハニカミ!」のテーマソングとして1月6日から松たか子が歌っている、春らしく爽やかでPOPなナンバー「明かりの灯る方へ」の作詞・作曲も担当しています。 この曲は常田真太郎がプロデュ-スとアレンジを、大橋卓弥がコ-ラスで参加しています。 シングル発売日は3月22日なのでスキマファンの人は、まずTVで要チェックです。

矢野顕子
ANAの旅の愉しみを演出する、おとなの情報サイト「翔年の時間」の旅にまつわるエピソード記事「羅針盤」で、矢野顕子が初めて訪れた(レコーディングのため)海外である、ロサンゼルスでのリトルフィートとのセッションや、現在生活しているニューヨークの事が語られています。
彼女は今年3月にデビュー30周年を向かえ、その記念アルバム「はじめてのやのあきこ」が3月8日リリースされます。 このアルバムは、書き下ろしの新曲1曲と、2月1日発売の、くるり岸田とのコラボレーションニューシングル「PRESTO」(すでにiTunesで先行購入可能です。)のアコースティックヴァージョンを含むセルフカバー6曲による全7曲入りです。 そして、数々のミュージシャンとコラボしてきた彼女が、今回は以下のミュージシャン達と共演しています。 豪華です!
コラボミュージシャンは以下の通りです。

「架空の星座」(新曲)井上陽水/「ひとつだけ」忌野清志郎
「ごはんができたよ」YUKI/「自転車でおいで」槇原敬之
「中央線」小田和正/「そこのアイロンに告ぐ」上原ひろみ

大人のためのe+selection「上質な音楽を聞こう」のピックアップに矢野顕子が!
→ click!

2月15日(水)ミューザ川崎シンフォニーホール(神奈川)と、2月20日(月)すみだトリフォニーホール(東京)で行われるピアノ・ソロ・コンサート「矢野顕子リサイタル」の内容と意気込みについて語るイープラス独占ビデオコメントはこちら!
→ click!
[PR]
# by pomology | 2006-01-09 15:56 | 邦楽
「人を呪わば穴二つ...」 最近気になるアニメ
地獄少女
今年最初のアニメ(漫画)がテーマの内容です。
c0072970_19335148.jpg
昨年10月から雑誌連載(原作:地獄少女プロジェクト、まんが:永遠幸)とTVアニメ放映が始まったホラー物「地獄少女」です。 そのストーリーは...

「午前0時にだけアクセスできる『地獄通信』。 ここに晴らせぬ恨みを書き込むと、地獄少女(彼女の名前は、閻魔あい。)が現れて憎い相手を地獄へ堕としてくれる... 子ども達の間で広がった都市伝説のような噂だったが実は本当のことだったのだ。  ・・・だがそこには伝説には語られていない、少女との契約があった。」 

人を呪ろわば穴二つ。 相手を地獄に送る代わりにあなたの魂も死後地獄へ行くことになるわ。 それでもいいの?

内容が内容なだけに笑えるようなアニメではありませんが、和風の美しい色彩に加え、そのストーリーにも少しはまってしまっています。(漫画の方は読んでいないのですが...)
c0072970_20451197.jpg
全26話のうち、13話までが終了しました。 DVD第1巻は、今月25日発売。 コミック第1巻(「なかよし」に連載中)も今月25日に発売されます。 週間少年ジャンプ連載のDEATH NOTE、週間少年マガジン連載のヴィンランド・サガなど、少年少女向け雑誌に大人も結構楽しめる内容の漫画が連載されているのは注目したいところです。

放送局と時間
キッズステーション: 火曜24:00、火曜28:30、日曜25:30
アニマックス: 金曜18:30、日曜17:30、翌日曜5:00、月曜7:30
東京MXテレビ: 土曜17:00
毎日放送: 土曜25:55

official サイトはこちら → click!
東京MXテレビのサイトはこちら → click!
地獄通信へのアクセスはこちら → click! 
[PR]
# by pomology | 2006-01-08 20:14 | 漫画
洋楽ミニ情報
YELLOWCARD/EL&P

今回は、全くタイプも時代も異なる2バンドの情報です。

YELLOWCARD
c0072970_15214423.jpg
Green DayMXPXなどのパンクバンドが好きな人は、ご存知かも知れません。 フロリダ出身で一昨年メジャーデビューアルバム「Ocean Avenue」が、ダブルプラチナディスクとなったパンクバンドYELLOWCARDです。

昨年夏、新ギターリスト加入後サマソニで来日、今月から3月上旬にかけて、このブログでも紹介したMaeと共に全米ツアーを行います。 その後UKツアーを経て、3月下旬来日します!(今回は東名阪ツアー) このバンドの特徴は、何といってもヴァイオリンが入っていることです。 ロックにヴァイオリンといえば、日本ではかのMoonridersがそうですが、洋楽では古いところではKansasがよく使っていたような記憶があります。 最近では大好きなレイチェル・ヤマガタがヴァイオリンとチェロ、そして昨年末に紹介したthe Arcade Fireもヴァイオリンを使用しています。
ロックにヴァイオリン、けっこうフィットしますね。
YELLOWCARDのニューアルバム「Lights and Sounds」は今月18日発売の初回スペシャルプライス盤は安いけれどCCCDのようなので(とは言っても、CCCDは不評なので変更になるかも?)、買うなら少し待って25日発売ののLimited Editionか、23日発売のUS盤といったところでしょうか?

YELLOWCARDのインタビュー記事はこちら → click!

YELLOWCARDのPVなどの動画はこちら → click!

EL&P
c0072970_2036362.jpg
キングクリムゾングレッグ・レイクがボーカルとベースを担当し、70年前半にクラシック音楽をロック化して、一世を風靡したUKのスリーピース(ベース、ドラム、キーボード)プログレバンド、Emerson,Lake&PalmerのアルバムがiTunesで購入可能になりました。 3rdアルバムである「PICTURES AT EXHIBITION」(展覧会の絵)のライブ映像を初めて見たとき、キース・エマーソンがキーボードにナイフを突き刺すパフォーマンスがUKのハードロックバンドDeep Purpleのギタリスト、リッチー・ブラックモアストラストキャスターを叩き壊すステージアクション以上に衝撃的でした。(今は楽器を大切にしないミュージシャンは好きではないのですが...) 今後さらに日本のiTunesでも、洋楽の販売曲数をUS、UKのiTunes並に増やしてくれることを期待しています。

iTunesのEL&Pのアルバムリストはこちら → click!

EL&Pの中でお気に入りのアコーステッィクな1曲:「FROM THE BEGINNING
[PR]
# by pomology | 2006-01-07 16:11 | 洋楽
Now is the time for everybody to speak English!
NHK英語でしゃべらナイト
c0072970_14204767.jpg
久しぶりに語学(英語)がテーマです。
NHKの英語番組の中で、唯一楽しんでいるのが「英語でしゃべらナイト」です。 新年1月2日放送の新春スペシャル「YOKOSO!TOKYO. 」(TOKYO
ガイド2006)は、外国人が発見した日本人にとっては再発見な~リアルな東京ガイド~に仕上がっています。 レギュラーの釈由美子を始め、リポーターの石田純一、谷原章介、鈴木紗理奈も良い味を出しています。(見逃した方は、深夜ですが1月10日午前2:05~再放送されるので留守録を!)

この番組から、奇数月の14日(つまり、年6回)に雑誌(¥730)が出版されています。 この特集記事が意外におもしろいです。 
例えば12月号は...
「英語が上達する77本の映画」「『のだめカンタービレ』は、海外でも注目の的!」が良かったと思うし、
今月発売予定の2月では...
「英語で東京ワンダーツアー」「ミュージシャンに学ぶ英語耳のつくり方」あたりの記事を楽しみにしています。
c0072970_14221930.jpg
もう一冊、英語関連で毎月購入している雑誌がずっと以前に紹介した「AERA English」です。(TOEIC対策にもなる雑誌です。)
2月号の特集は「ドラゴン桜+25マス=’06大変身必勝学習法」ですが、音楽関連ではCYNDI LAUPERのインタビュー記事も掲載されています。

そして、毎回楽しみにしているコーナーが「まるごと日本大辞典」です。(このコーナーは、日本再発見にとても役立ちます。) 今月のテーマは「銭湯」。 25年間で全国約2600軒の銭湯を取材した庶民文化研究家の町田忍先生が今回の講師です。 前述の「しゃべらナイト」の新春スペシャルでも、入るのが人ではない今の時代を反映した銭湯が登場しましたが、
~銭湯の非日常空間に癒やされ、極楽浄土を求める日本人~との考え、興味深く読めました。 日本文化を英語で説明する時、自分の日本文化に対する知識の無さを痛感することが多いです。(昔、友人に頼まれオーストリア人3名を京都でアテンドした時、日本の畳のことを詳しく聞かれ困ったことを思い出します。) これは、英語能力以前に、「日本語で説明できないことは、英語でも説明できるわけがない。」というごくあたりまえのことからくるものだと思っているのですが、もし“What is the sento?” と質問されたとき、役立つ知識が今回見開き2ページに凝縮されています。 役立ちそうです。

語学力は母国語でさえも、使わなければ能力は低下していきます。 2006年、音楽・映画・小説を中心に日本語だけでなく英語力の維持と向上にコツコツと努力していきたいです。 
[PR]
# by pomology | 2006-01-07 12:38 | 語学
邦楽ミニ情報
吉井和哉/Salyu
吉井和哉
c0072970_19404066.jpg
今月25日にリリースされる、吉井和哉としての最初のシングル「BEAUTIFUL」のPVが試聴(45秒)できます。 メロディーを聴いただけで吉井和哉だとわかる独自の世界。 今回のPVでは、ピアノを弾きながら歌っています。(録音はL.A.、ジャケット写真はスコットランドのエジンバラで撮ったらしい。)  約11ヶ月ぶりの、このニューシングルには、上記の「BEAUTIFUL」の他、「HIKARETA」、「MY FOOLISH HEART」の全3曲が入っています。 楽しみです。

「BEAUTIFUL」のPV試聴はこちら → click!

ニューシングルにまつわる話は、officialサイトのCOLUMNの2005年11月と12月に本人が書いています。 → click!

Salyu
c0072970_19465127.jpg
恒例のaikoからの元日限定?スペシャルCMはCDTV年越しプレミアライブで見たのですが、officialサイトで本人が元日からメッセージを書いている人というのは意外と少ないです。
が、なんとSalyuは書き初めに加え、しっかりとメッセージを書いてくれているではないですか!!Space ShowerTVでは、行くことのできなかったSPECIAL LIVE “another landmark”を見ることができたし、(5日の21:00からのリピート放送で最終です。)、着うたも「彗星」と「VALON-1」をOORONG-SHA MOBILEからダウンロードしたし、後はこの春のアコースティック全国ツアーのチケットが入手できると完璧なのですが... これは、これまでのようにうまくいかないかもしれません。 人気が出てきたのはとても嬉しいのですが、チケットが取りにくくなるのは困りものです。 でも、できる限り多くの人に生で聴いて欲しい声なので... 複雑な気持ちです。 

そのSalyuの新春メッセージはこちら → click!
(左手薬指の指輪。 気になりませんか?)

excite MUSIC「2006年お正月メッセージ特集」(必見!)はこちら → click!
(Salyuを始め、ACIDMAN、アジカン、THE BACK HORN、BUMP OF CHICKEN、plane、レミオロメン、スキマスイッチら総勢128組のメッセージが見られます!!)

このブログでのSalyu関連記事 → 記事1 記事2 記事3 記事4 記事5
                       記事6 記事7 記事8 記事9 記事10 
[PR]
# by pomology | 2006-01-04 19:49 | 邦楽
年越しライブの興奮と感動をあなたに!!
お正月には、SAS全国ツアー最終日(横浜アリーナ)を自宅で

サザンオールスターズの年越しライブ(今年はツアー最終日も兼ねている)の模様(2時間37分)が完全無料放送GYAOにて、2006年1月8日(日)23:59までの期間限定で試聴できます! 昨年は大阪ドームで参戦しましたが、再びGYAOであの感動が蘇ってきました。 ツアーに行った人、行かなかった人、大晦日にWOWWOWで生中継を見られなかった人も今回PCで見ることができます。 お薦めです! → click! 終了しました!

GYAOでは、SASの他にケツメイシのツアーの模様も約1時間放送しています。
→ click!
[PR]
# by pomology | 2006-01-03 12:44 | 邦楽
  

ブログは永らく休止中ですが、今年2009年 Mr.childrenについてはホールツアー1回、ドームツアー2回行って来ました。
by pomology
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のトラックバック
東京ドームホテル
from 東京ドームホテル情報ですよ
あのピアノの名曲を着うたに
from 『音楽神殿』-au公式着うた
ハナレグミ
from ハナレグミ
全く新しいクラシック着う..
from 『音楽神殿』-au公式着うた
日テレ・炭谷宗佑アナ、盗..
from イチロー語録/イチローに学ぼう
音楽の新しいネットワーク
from au公式クラシック着うた『音..
ニルヴァーナ トリビュート
from CD レンタル Check
星降る夜に
from ミュージックの紹介ページ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧