人気ブログランキング |
2005年 06月 18日 ( 2 )
THE MIDDLE THOUGHT TOUR
~FINAL STAGE~ "CAUSATION"
c0072970_23221971.jpg

aiko に続いて、6/16(木)はBRAHMANです。
場所はZEPP Osaka 。 ここは昨年行った LOVE PSYCHEDELICO以来です。
前回は仕事が長引き土砂降りの中、高速を利用したものの遅刻、LIVE途中からの参戦となりました。 今回は、中央線でコスモスクエアまで行き、後は徒歩、ギリギリセーフでした。
ジャンルはaikoとは全く異なるメロコア(+民族音楽フレーバーの入った)でしょうか? 1年の半分以上の日々をLIVEに費やす彼らの燃えさかるパフォーマンスは決して言葉では表現できません。
c0072970_23253674.jpg

 今回は、昨年の秋にリリースされたアルバム”THE MIDDLE WAY”にともなうツアーです。
ステージ前のスクリーンに写る映像に始まり、次にRONZIのシルエットとホールに響き渡るドラムビート、そしてメンバーのシルエット、スクリーンが落下してメンバーが視界にいったとたん「モッシュ」と「オイオイコール」。 大音響と共に鳥肌ものです。 最初から退場覚悟で「ダイブ」する人、人、人...  スタンディングホールのステージから4分の3までのスペースは途中危険を感じるくらいの状態になります。 宙を舞うペットボトルと水? 渦巻く人波。 もう、お祭り状態です。(1階スタンディングホール両サイドと後方、そして2階席は安全です。)
 このバンドの最大の魅力は、「静と動」。 しかし、「動」は「激動」なのです。 このタイプの音楽は、爆音が苦手な人は、拒絶反応を起こすかもしれませんが、いったんツボにはまると中毒性があり、CDを聞くだけでは満足できずLIVEに行きたくなります。  ほとんどの曲の歌詞は英語なのですが、日本語のものもあります。 個人的には、今回のアルバムでは日本語で歌われる”A White Deep Morning”がお気に入りです。 LIVEは約1時間30分程度ですが、その間に発するバンドメンバーと聴衆のエネルギーを考えると2時間以上はきついかもしれません。 いつものようにツアーTシャツと今回はバンダナを購入し帰途につきました。
 さて、BRAHMAN のニューシングル"CAUSATION"は7/27にリリースされます。 また、この夏FUJI ROCK FESTIVAL '05に出演が決定しています。
by pomology | 2005-06-18 23:35 | ライブ
LOVE・LIKE・POP vol.Ⅸ
今月は、ブログの更新がぼぼ土曜日だけになっています。
先週は土日も仕事、代休もとらず今日まで約2週間、会議
に残業と忙しい日々でした。 でも、多忙な日々の合間を
ぬって後半はLIVE2連チャン。 仕事の疲れをふっ飛ば
して来ました。 

aiko LIVE TOUR LOVE・LIKE・POP vol.Ⅸ
c0072970_21311753.jpg

 まず、6/15(水)はaikoです。 フェスティバル・ホールは
昨年のMy Little Lover 以来です。今回はラッキーなことに前から8列目! 
昨年、大阪城ホールで遙か遠くに見えたaikoが目の前に!! 肌が綺麗し白い、髪の毛サラサラ、かわいい...これで29歳? 歌声の良さは言うまでもありませんが、152cmという小柄な彼女が他のメンバーと並ばなければ、コンサートでは大きく見えます。 そして雰囲気がとてもフレンドリーで、柔らかです。 さらに、aiko は「めっさ(めっちゃ)、目がええ。」(周知の事実かもしれませんが)フェスティバル・ホール1階奥の立ち見の人も、2階席奥の人までもが裸眼で見えているのです。!? でも、数年前視力が少し落ちてきてアンドロメダ大星雲がぼやけて見えるようになったということから「アンドロメダ」って曲名をつけたらしいです。 それでも、見えすぎ!)
 さて、コンサートは「夢の中のまっすぐな道」に入っている軽快なヒット曲から始まります。 個人的には、aiko の曲はバラードが好きなのですが、そこはやはりLIVE、テンポの良い曲が多かったです。 もちろん「三国駅」も聞けましたし、後半のメドレー「倶楽部176(いなろく)」(aiko は国道176号線沿いに住んでいた)も、とても楽しかったです。
 「ただいま~。」「おかえり~。」で始まったMCも、同じ大阪人。 少しの言葉でさえ、その何倍もの気持ちが通じ合えているように感じました。 片方のコンタクトを落とした人、フランスから駆けつけた人、来る前に置き引きにあった人、妊婦さんなどaiko と観客が会話をする中で、さまざまな人間模様を温かく実感できるのもaiko のLIVEが人気のある理由なのかもしれません。 コンサートの構成・演出もよかったです。 終了は何とあと5分で午後10時! 時がたつのをすっかり忘れることのできたLIVEでした。
 前回vol.8のLIVE・DVD丸秘隠し映像(2つ)を見るヒント(答え)を教えて貰ったし、ツアーTシャツとスーツケース型ボックス入りの「三国駅」スペシャルCDを購入しました。

 さて、8/3にニューシングル「キラキラ」が発売されます。 この曲は7/5から始まる、フジテレビ・関西テレビ系火曜夜10時ドラマ「がんばっていきまっしょい」の主題歌として先に聞くことができます。
また、追加公演も東京・名古屋・大阪で計5公演が決定しています。
by pomology | 2005-06-18 21:52 | ライブ
  

ブログは永らく休止中ですが、今年2009年 Mr.childrenについてはホールツアー1回、ドームツアー2回行って来ました。
by pomology
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新のトラックバック
東京ドームホテル
from 東京ドームホテル情報ですよ
あのピアノの名曲を着うたに
from 『音楽神殿』-au公式着うた
ハナレグミ
from ハナレグミ
全く新しいクラシック着う..
from 『音楽神殿』-au公式着うた
日テレ・炭谷宗佑アナ、盗..
from イチロー語録/イチローに学ぼう
音楽の新しいネットワーク
from au公式クラシック着うた『音..
ニルヴァーナ トリビュート
from CD レンタル Check
星降る夜に
from ミュージックの紹介ページ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧