人気ブログランキング |
2005年 06月 30日 ( 2 )
20世紀少年
20th Century Boy
c0072970_22531169.jpg
c0072970_22571334.jpg
今日、「20世紀少年(19)」を買いました。 通常版は¥530ですが初回限定版(¥780)は、なんと「T-REX」の”20th Century Boy” が1973年当時の国内版シングル完全復刻CDとして付いているのです!! 1970年代初頭、「ビートルズ」亡き後ブリテッシュ・ロック界に降臨した2人組、その中でも今は亡き「マーク・ボラン」の個性と演奏するキラキラ輝くブギー・サウンドは多くの若者を魅了し、”David Bowie”と共にグラム・ロック(グラマラス・ロック)の王者として君臨していました。 日本では、初期の”THE YELLOW MONKEY” がグラム・ロックを意識したサウンド作り(ファッションも?)をしていると思います。 「T-REX」のマーク・ボラン、ロックの歴史を語るときには、絶対に外せない人物です。
ところで、浦沢直樹の漫画「20世紀少年」のほうですが、いよいよ佳境に入りそうな気配が!?
by pomology | 2005-06-30 22:59 | 漫画
GET BEHIND ME SATAN
c0072970_219276.jpg

THE WHITE STRIPES

早いもので6月も今日が最終日です。 つまり、今年もほぼ半分が過ぎたことになります。 このところ「邦楽」ネタばかりだったので、今回は”X&Y”(ColdPlay) の発売日と重り(6月1日)、買ったけれど紹介していなかった「THE WHITE STRIPES」の”GET BEHIND ME SATAN”です。 これも、「日本先行発売+日本盤ボーナストラック2曲収録」ということで日本盤を購入しました。 で、”X&Y” とは異なり日本盤のみConnecteD仕様なんです。 つまり、歌詞、対訳、セルフ・ライナーノーツが彼らのオフィシャル・サイトで見られるんです! つまり、ボーナストラックの歌詞もわかるということです。(でも、PCを使っていないファンはどうしたらよいのでしょうか?) というわけで、アクセスしてみると「アーティスト・サイドの意向により、英詞は追って掲載させていただきます。ご了承ください。」これはまだ我慢できるとして、「ボーナス・トラックの歌詞・対訳は、制作上の都合により割愛します。」 ??? おまけに、「ジャックによるセルフ・ライナー対訳」は真っ白で、どこにも字がない!!(激怒!!!)  V2 recordsさん、こんな商売をしていてはいけません。 今度買うときは、やはり価格的にも安い輸入盤にします。

復活したガレージ・ロックを代表する、デトロイト出身のメグ&ジャック姉弟(ジャックは最近、モデルのKaren Elsonとゴールイン!)ですが、前作の”Elephant” は、欧米で数多くの「アルバム・オブ・ザ・イヤー」を獲得、グラミー賞で最優秀ロック・ソングと最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバムの2部門を受賞したので知名度も高く特別な説明はいらないと思います。 「ミュージック・マガジン」7月号でも、”X&Y” より先のページにアルバム・レビューが掲載されています。

この2人の作り出す音楽は、ずばり「シンプルなロック」です。 ボーカル、ドラム、ギターのみの”Blue Orchid”のPVはMUSIC ON!TVの洋楽へヴィローテーション、"M-ON! Recommend"(7月15日まで)に決定しています。 ブルース・カントリー・ロックをベースにした「シンプル イズ ベスト」なデュオです。
by pomology | 2005-06-30 21:22 | 洋楽
  

ブログは永らく休止中ですが、今年2009年 Mr.childrenについてはホールツアー1回、ドームツアー2回行って来ました。
by pomology
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新のトラックバック
東京ドームホテル
from 東京ドームホテル情報ですよ
あのピアノの名曲を着うたに
from 『音楽神殿』-au公式着うた
ハナレグミ
from ハナレグミ
全く新しいクラシック着う..
from 『音楽神殿』-au公式着うた
日テレ・炭谷宗佑アナ、盗..
from イチロー語録/イチローに学ぼう
音楽の新しいネットワーク
from au公式クラシック着うた『音..
ニルヴァーナ トリビュート
from CD レンタル Check
星降る夜に
from ミュージックの紹介ページ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧