2005年 07月 23日 ( 2 )
心のスキマにスイッチON!
2ndアルバム「空創クリップ」
c0072970_2059496.jpg

BUMPの「プラネタリウム」といっしょに買ったのがスキマスイッチの「空想クリップ」です。 先日のap bank fes'05では最終日に出演。 残念ながら参加したのは前日の17日だったので、彼らのパフォーマンスは見られませんでした。 しかし、最終日の様子をap bank fes'05 のHPで見ると...

そのままもう1曲しっとり歌い上げた後、櫻井が「今回のすべての楽曲で、一番ハモリが難しかったのが“全力少年”。大橋くんにいろいろ教えてもらいました」と話すと、今度は大橋が「何回も歌いましたよね、『櫻井さん、違いますよ。こう歌ってください』ってね」と無敵な喋りをかます。そんなギャグの掛け合いの後、「今からやるのは、3人(スキマの2人と櫻井)で作った曲ですよね(笑)。新鮮に聴こえると思います」といたずらな表情で櫻井がおどける。すると懲りない大橋が、「この曲、僕のほうが(櫻井より)歌っていますよね」と突っ込んだ
そんな漫才の後、ジャジャーン!とイントロが鳴り始めた。みんな、すぐにわかった。待ってましたのMr.Childrenナンバー、アンセム中のアンセム“虹の彼方へ”だったのだ。――――すぐさま咲いたよ、花が。参加者の地べたの芝生から、参加者の喜びの養分を吸い取って、ひまわりのような嬌声の花が咲き誇った。まるで自分の学校の校歌を歌うように、みんなが口を大きく開けて歌っている。素晴らしい瞬間だった。曲が終わった瞬間、ガッツポーズを決めたのは櫻井ではなく何故かスキマの大橋で、本当にこいつは美味しい所を持っていくラッキー・マンだなと思ったが、その大橋こそが参加者に劣らずのディープなMr.Childrenフリークだったことを知る者は意外と多い。言うなれば、この時の大橋は「参加者代表」だったのだ。

その後、スキマスイッチの芸達者っぷりが評価され、打ち上げでも1曲プレイさせられることになった。この頃、みんなは疲れと安堵感と達成感と酒の力によって天井知らずのハイテンション状態。素晴らしきアーティストを含めたすべての人々が、スキマの上手い誘導によってスキマのヒット曲“ふれて未来を”を大熱唱させられたのだった

自分が如何にMr.Childrenが好きかをマニアックなエピソードで披露するスキマスイッチ、一青窈に初恋話を強要するJEN。Bank Bandのライヴで櫻井が涙に溺れていた時、スキマの常田は無心になってカレーを食っていたという話と、一青窈に初恋の話を強要するJEN。Mr.Childrenが好きだしウーロン舎(彼らの事務所)が好きだから、「プーアール舎」という会社を作りますと宣言したスキマと、一青窈に初恋――――つまり、スキマの2人とJENがとことん暴走し、天頂バスならぬ遠足バスは、沸点を落とさずに二次会の場所に到着したのだった。

c0072970_2215424.jpg

やはり、昨年行った彼らのコンサートのMCで感じた大物?ぶりに、さらに磨きがかかっているようです。(笑) とにもかくにも彼ら2人が奏でる曲は、もうこのアルバムでは「おまえら、曲に負けてるよ。」とスガシカオに言われることもないように思えます。 この秋のホールツアーのチケットは2連敗で、未だに入手できていないですが、これからますます人気が出てくるであろうミュージシャンだと思います。 さて、明日はいよいよ大阪での野外ライブに出演します。 今年もチケットが当たらなかったので、昨年同様SPACE SHOWER TV でFM802 「MEET THE WORLD BEAT 2005」の生中継を観戦することにします。 今年はメインステージに登場、ということで間違いありません!

BARKSスキマスイッチ特集はこちら → click!

ORICON STYLEスキマスイッチ特集はこちら → click!

有限会社「隙間産業」はこちら → click!

追加MEET THE WORLD BEAT 2005 セットリスト
     1.VIEW 2.奏 3.ふれて未来を 4.雨待ち風 5.全力少年

前回はHOTステージ(サブステージ)で2人での登場でしたが、今回はやはりファンキー・ステージ(メインステージ)そして、フルバンドでの登場! 2.5回目(0.5というのは、一昨年は打ち上げでVIEWを演奏したらしい)の出演で、肩の力も抜け、この1年での成長を感じました。 ポップな良曲多しです。
[PR]
by pomology | 2005-07-23 22:09 | 邦楽
プラネタリウム
四畳半に広がる擬似的宇宙
c0072970_18424563.jpg

先日、BUMP OF CHICKEN の8ヶ月ぶりのシングル「プラネタリウム」を購入しました。 彼らの曲の中では例えば「ギルド」のような透明感のある曲が好きなのですが、今回の「プラネタリウム」もポップな透明感のある曲です。 音楽番組で先に流されていたPVも本物のプラネタリウムが登場し、なかなか良い感じです。

ROCKIN'ON JAPAN」8月号は、そのBUMPの特集です。YOSHII LOVINSONのソロ初ツアーのリポートと、新曲「CAUSATION」発売を間近にしたBRAHMANTOSHI-LOWのインタヴューを読みたくて買ったのですが、BUMPはなんと全28ページにおよぶ大特集です。 来月末の”RUSH BALL”に行くので、初めてBUMPの生演奏を聞くことができるのも楽しみの1つです。

そのBUMP、7月17日のSPACE SHOWER TVゴゴイチ!」にゲストとして登場! 藤原基央の今はまっていることが「あやとり」で、それを披露した姿に思わず少し笑ってしまいました。 彼らはいくつかの夏フェスへの出演以外に、愛知万博のささしまサテライト会場大平貴之が開発しギネス認定されたスーパープラネタリウム・「MEGASTAR-II cosmos」とのコラボライブ(完全招待制)に出演するらしいです。 世界最高のプラネタリウムを見ながら、BUMPの「プラネタリウム」を聞く。 応募して当選した人は、すごい体験をすることに! 
c0072970_2053651.jpg

ExciteBUMP OF CHICKEN Special Site はこちら → click!

BARKSBUMP OF CHICKEN特集はこちら → click!

Yahoo!ミュージックBUMP OF CHICKEN特集はこちら → click!

  
 
[PR]
by pomology | 2005-07-23 20:01 | 邦楽
  

ブログは永らく休止中ですが、今年2009年 Mr.childrenについてはホールツアー1回、ドームツアー2回行って来ました。
by pomology
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
最新のトラックバック
東京ドームホテル
from 東京ドームホテル情報ですよ
あのピアノの名曲を着うたに
from 『音楽神殿』-au公式着うた
ハナレグミ
from ハナレグミ
全く新しいクラシック着う..
from 『音楽神殿』-au公式着うた
日テレ・炭谷宗佑アナ、盗..
from イチロー語録/イチローに学ぼう
音楽の新しいネットワーク
from au公式クラシック着うた『音..
ニルヴァーナ トリビュート
from CD レンタル Check
星降る夜に
from ミュージックの紹介ページ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧